DNS Tech スポーツサプリメントのテクニカル情報を集約 サプリメント・栄養に関する疑問を解消

ドーピングとは?

● 「ドーピング」とは「ドープ(Dope)=クスリ」やその他の方法を使い、アスリートの競技能力を向上させる事。

● 法的には未整備の国もあるが、道徳的・健康への害的に許される行為でなく、撲滅の為に「アンチドーピング活動」が行われている。

● WADA(World Anti-Doping Agency)が世界的に最も有名なアンチドーピング活動を行う機関で、ドーピング違反に関する世界統一の規定を作っている。
※例外的に各種団体が独自のアンチドーピング規程を採用している場合がある。その為、WADAの規程において違反とされている内容でも、その団体では容認されてしまっている、という状況もある。

● WADAの規程では、単純に競技能力を向上させる薬物の使用のみでなく、
 ○ 「血液ドーピング」
 ○ 「薬物使用を隠蔽するクスリの使用」
 ○ 「静脈内注入」
 ○ 「遺伝子ドーピング」
 ○ 「アルコール(競技による)」

といった方法・物質もドーピングの対象となる。

● 検査関連の書類や検体を改ざんする事もWADAの規程では「ドーピング」とされる。
● 競技者の意図は関係ない為、誤って薬物を使用してもドーピング規則違反となるので注意が必要。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ