DNS Tech スポーツサプリメントのテクニカル情報を集約 サプリメント・栄養に関する疑問を解消

抽出技術

フィルトレーション

ホエイたんぱくをフィルター(膜)に通し、たんぱく質を濃縮/分離する技術。

  • 分子の大きさの違いを利用する技術。 たんぱくや脂肪は分子が大きい為通過出来ないが、水、乳糖、ミネラルは通過する。 濃縮されたたんぱくを加熱処理し、乾燥した粉とする。

ウルトラフィルトレーション(UF)

  • WPCを作る技術。
  • 変性していないたんぱく質を最も多く含む。
  • 免疫を高める成分(GMP等)を変性させない。

マイクロフィルトレーション(MF)

  • WPIを作る技術。
  • クロスフローマイクロフィルトレーション(CFM)等。
  • ウルトラフィルトレーションよりもさらに細かい膜を通し、たんぱく含有量を高める。


イオン交換



  • WPIを作る技術。

  • 樹脂を使ってたんぱく質を分離する技術。

  • UF処理したホエイのPHを調整し、帯電させた樹脂にたんぱく質を吸着させて分離する。

  • たんぱく含有量が多い。

  • 純たんぱく(総たんぱく量から非たんぱく態窒素(身体を作るたんぱく質とは違うもの)を引いた量)が多い。

  • ロイシンの比重が高い。

  • アミノ酸の体内への摂取・代謝を促す(と言われている)。

  • マイクロフラクション(グリコマクロペプチド、イミュノグロブリン、ラクトフェリン、アルファラクトアルブミン)が少ない。


Share
twitter
facebook
印刷用ページへ