DNS Tech スポーツサプリメントのテクニカル情報を集約 サプリメント・栄養に関する疑問を解消

造粒の方法

流動層造粒

●方法
ミキサーの下部から熱風により粉を巻き上げ、上部からバインダーを散布して凝集させる事で粒を造る。

●特徴
造粒物はポーラスで溶けやすく、形状は球状が多い。
造粒・乾燥を同一容器内で出来る。

●よく使われる製品
スープ、清涼飲料水、サプリメント


攪拌造粒

●方法
いくつかの材料をミキサーに入れ、攪拌して混合した後に、バインダー(液体)を添加してさらに攪拌する事により粒を造る。
容器の洗浄が容易なので、少量多品種生産に向いている。

●特徴
短時間・低コストで大量生産出来る。
造粒された粒子は攪拌羽根の粉砕作用によって、均一な粒度になる。

●よく使われる製品
調味料


スプレードライ(噴霧乾燥)

●方法
粉体或いは顆粒品を小さい型に充填して、打錠機またはローラーで高圧圧縮して成形する。

●特徴
粉末原料を乾燥状態のまま圧縮力のみで成形することができる。
粒の大きさ、形が揃っている。粒の表面が比較的きれいである。

●よく使われる製品
医薬品、栄養強化剤、サプリメント


押し出し成形型

●方法
粉体を加湿し、この湿潤粉体をスクリュー、ピストン、ロール等の作用で圧力を加えて、有穴板等から押し出して粒状化する。

●特徴
外観をほぼ一定に出来る。
希望する粒度分布の顆粒を効率よく作れる。
粒が硬い。

●よく使われる製品
調味料、ふりかけ
Share
twitter
facebook
印刷用ページへ