サプリメント最前線

アミノ酸のパワーとは

アミノ酸のパワーとは

トレーニングに欠かせないサプリメントとは何か?
そう聞かれたら、少し前まではプロテインやビタミンが真っ先に候補となったものです。しかし最近はクレアチンやアミノ酸などを候補とする人も増えてきたのではないでしょうか。
ただクレアチンとは違い、アミノ酸はトレーニングをしていなくても飲んでいる人がけっこう多いようです。疲れをとったり、痩せる効果を期待したり、美容のために飲んだり、といった感じで、もはや気軽に日常生活に溶け込んでいるサプリメントの一つだと言えるでしょう。

● 必須アミノ酸と非必須アミノ酸

私たちのカラダは20種類のアミノ酸が様々な配合で組み合わされることによって作られています。ある配合だと筋肉になり、またある配合だと内臓になったり、さらにまた別の配合だと骨になったり・・・といった具合です。この20種類のアミノ酸のどれが欠けても、カラダは上手くできあがってくれません。
しかし20種類全部を摂取する必要はありません。「必須アミノ酸」と呼ばれる9種類のアミノ酸さえ摂取すれば、残りの11種類(非必須アミノ酸)は必須アミノ酸から作り出すことができるのです。
必須アミノ酸の中でも、特に筋肉を作るときに必要とされるのがBCAAと呼ばれる三種のアミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)です。通常の生活を送るだけなら必須アミノ酸をバランスよく摂取しておけばよいのですが、特に筋肉を発達させたいのでしたら、BCAAを多めに摂る必要があります。

また「条件下必須アミノ酸」と呼ばれるアミノ酸もあります。通常は必須アミノ酸から非必須アミノ酸が作り出されるのですが、ある条件(強いストレスなど)に置かれると、特定のアミノ酸の必要量が激増します。そのようなときは必須アミノ酸からの合成が間に合わず、その特定のアミノ酸が大幅に不足してしまうのです。 この「条件下必須アミノ酸」の代表的なものが「グルタミン」です。トレーニングなどの強いストレス下ではグルタミンの必要量が増大するため、必須アミノ酸を摂取するだけでは、グルタミンが不足してしまいます。このようなときは、グルタミンそのものを摂取する必要があるのです。

● BCAAの働き

特に筋肉を作るときに必要となるアミノ酸がBCAAです。しかしBCAAには他にもメリットがあります。その代表的なものを紹介しましょう。

1. タンパク質の合成を刺激する

トレーニングをすると筋肉が壊されます。するとカラダは「もう壊されまい」として、前よりも強い筋肉を作ろうとします。このとき、タンパク質が合成されることによって筋肉が強くなっていくのですが、BCAAはこのプロセスを強化してくれます。つまりBCAAは「回復→超回復」のプロセスをスピードアップしてくれるのです。

2. 男性ホルモンの低下を防止する

トレーニングを長時間行うと、男性ホルモンのレベルが低下してしまいます。しかしBCAAを摂取しておくと、それを防ぐことができます。

3. ダイエットの助けとなる

BCAAを摂取することによって、特に腹部の脂肪を減らすことができたという報告があります。おなか周りの脂肪に悩む方は、BCAAを飲みながらダイエットするといいでしょう。

4. 集中力を持続してくれる

運動を長時間続けていると、脳の中で「セロトニン」という物質ができて、それが疲労感を生んでしまいます。BCAAはセロトニンができるのを防ぐ作用があるため、長時間の運動をしていても、集中力を持続することができます。


● グルタミンの働き

トレーニングなどの強いストレスがかかると、グルタミンの要求量が激増します。ストレスによって免疫力が低下するため、カラダは免疫物質を作り出してそれに対抗しようとするのですが、グルタミンはその免疫物質を作るときに必要とされるのです。

グルタミンは必須アミノ酸から作られますので、急激なストレス下に置かれると、カラダは筋肉をどんどん分解して必須アミノ酸を取り出し、グルタミンを作り出そうとします。つまりストレスがかかると筋肉が減ってしまうばかりか、グルタミン生産量が足りないと結局は免疫力が低下して、風邪をひいてしまったりもします。引越しをしたあとに風邪を引いたりすることが多いのは、このせいです。

しかし外部から十分にグルタミンを補給しておけば、筋肉が壊されることもありませんし、免疫が低下することもありません。トレーニングはカラダにとって強烈なストレスとなりますので、ハードにトレーニングする人ほど、グルタミンの必要量は増大すると言っていいでしょう。
またグルタミンには成長ホルモンを分泌したり、胃腸の働きを整えてくれたりする作用などもあります。こういった面からもトレーニーの助けとなってくれるはずです。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ