サプリメント最前線

Much better than nothing !

Much better than nothing !

今やほとんどのトレーニーにとってサプリメントは不可欠の存在となっています。しかしカラダ改造のために有効なサプリメントは、プロテインの他にもクレアチンやBCAA、ビタミン類などなど数多くの種類があって、どれもタダというわけにはいきません。限られた予算のなかで優先順位を決め、やりくりしていかねばならないのが現状です。

トレーニーの陥りやすい間違いの一つに、「どうせ必要なサプリメントをぜんぶ摂取することなんてできないのだから、最初からサプリメントなんて飲まないでおこう」と極端なマイナス思考をしてしまうことがあげられます。
真実はむしろ逆で、「まったくサプリメントを摂取しないくらいだったら、少しでも摂取しておいたほうが、ずっと効果は高くなる」のです。なにも完璧なサプリメント・プログラムをこなす必要はありません。トレーニング後にプロテインを飲むだけ、あるいは毎日数グラムのクレアチンを摂るだけで、Much better than nothing, 何もしないより、ずっとマシなのです。

ただし、サプリメントには効果の出てくる閾値というものがあります。プロテインを飲むにしても、一日たった5g飲むだけでは効果は期待できません。効果を出すためには、それなりの「量」を摂取する必要があるのです。
そして量とともに、「長期継続摂取」可能であることも必要です。プロテインを1ヶ月だけ飲んで、次の1ヶ月は飲まないなどということを繰り返していては、3歩進んで2歩戻るようなもので、効率の悪いことこのうえありません。

限られた予算の中で、十分に効果の出てくる量を継続摂取するためには、商品を厳選する必要があります。大量摂取したいからといって、安かろう悪かろうではいけません。十分な品質を保ち、金額的にも長期継続の可能なサプリメントを探す必要があります。
では、リーズナブルな金額で品質の保証されたサプリメントを選ぶためのコツを以下に列記しましょう。


1. 国産品はISO取得工場で生産されたものを選ぶこと。
2. トータルでの金額にまどわされず、グラムあたりでの金額を計算すること。プロテインの場合はタンパク質含有量に注意。
3. ラベルに成分内容や賞味期限などがしっかりと記載されているものを選ぶこと。
4. 容量の大きいもののほうが、一般的にコストは低くなる。またパッケージもプラスチックボトルのものよりは、アルミパックのほうが安価なので、その分だけ内容にコストをかけることが可能となる。
5. あれもこれもと手を広げず、プロテインやクレアチン、BCAA、グルタミンなどの基本的なものが不足しないようにすること。


なおクレアチンやグルタミンなどは湿気の影響を受けやすいため、大容量のものは使い切るまえに湿気てしまう可能性もあります。余りそうな分はジップロックやタッパーなどに移し変え、冷暗所に保管するようにしておくといいでしょう。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ