サプリメント最前線

“Small Perfect Meal”-Jel-Xのススメ

体脂肪が少ない状態をキープしたまま筋肉を増やすためには、一気にドカ食いするよりも、何回かに小分けにして食べるほうがよい。これが前回紹介した結論です。
しかし何回も食べるとは言っても、そのたびに食事をつくるのは面倒ですし、まとめて作りおきしたとしても、まさか仕事を中断して弁当を食べるわけにもいきません。

そこでお勧めしたいのが、「ミールゼリー」です。なぜかこれは欧米ではみられない日本独特の形態なのですが、パックに入ったゼリーを口で吸い出して飲むことができ、キャップを締めれば残りはまた後で飲めるという優れもの。これでしたら仕事中でも周囲に気を使わずに栄養補給できそうです。もちろん、いちいち作る手間もかかりません。歩きながら飲むこともできれば、ジムに行く電車の中で飲むことも可能です。

しかし問題は、十分な栄養成分が入っているミールゼリー商品が少ないということ。糖質ばかりしか含んでいなかったり、ごく少量のアミノ酸やビタミンしか含んでいなかったりなど、「小分け食」としては不十分なものばかりです。
食事というからには、それなりの炭水化物とタンパク質、ビタミン類は最低でも含んでいなければなりません。

そこでお勧めしたいのが、「Jel-X」です。22gの吸収性のよい炭水化物に加え、20gものホエイプロテインを配合。さらに9種類のビタミン・ミネラルも配合されています。味もよく、トロピカルフルーツ味とグレープ味の両方から選ぶことができます。価格面でもコンビニ弁当などよりずっと安く、毎日継続的に使用することができます。


【サプリメント最前線】MRPのススメ/Jel-Xとは?】

さてJel-Xに含まれる炭水化物は22g。これは茶碗半分のご飯に相当します。成分としては果糖やブドウ糖ですので消化も良く、朝食として食べても胃にもたれるようなことはありません。
また食物繊維である「寒天」が含まれ、悪玉コレステロールを減らしてくれたり、腸内環境を改善してくれたりする効果があります。さらに寒天に含まれる「アガロース」という多糖類は体内で「アガロオリゴ糖」に変化し、ガンの増殖を抑制したり、アレルギーを抑えたりといった作用を持つとも言われています。

タンパク質としては20gのホエイプロテイン。しかも良質なWPIであり、お腹を緩くする乳糖や、余計な脂肪分などは含まれません。これと同じだけのタンパク質を摂取するには、牛肉だったら100g以上は食べなければいけないのです。
ビタミンやミネラルも豊富に含まれていることを考えると、Jel-Xの成分を一口で言い表すなら、「ご飯控えめ、ビタミンやミネラルが十分に配合された定食」ということになるでしょうか。

なおミールゼリーのほかに、トレーニーの間で広まっている代表的な小分け食として、「バナナやオニギリなどの炭水化物+プロテイン」というものもあります。特に忙しくて朝食を食べられないというような場合、朝食をバナナとプロテインだけで済ましてしまうようなトレーニーは意外に多いようです。

さて、朝食といえばコーヒーがつきものですが、ここでお勧めしたいプロテインがあります。
グルタミンを配合した良質なホエイプロテインであるG+に、エスプレッソ風味が新たに加わりました。軽めの朝食に加えて飲めば、コーヒーを飲んでいる気分を味わいつつ、良質のタンパク質を補給することができます。
※エスプレッソ風味は2010年4月19日より数量限定での発売となります。


DNS商品紹介
Jel-X
アスリートのためのミールゼリー
【数量限定 エスプレッソ風味】

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ