サプリメント最前線

最適のワークアウトドリンクをデザインする

最適のワークアウトドリンクをデザインする

ざっとジムを見渡してみましょう。水かスポーツドリンクの入ったペットボトルを片手に持っている人が大半ではないでしょうか。いまや、運動中に水分を控えるというのは明らかな時代遅れとなり、旧態依然としたコーチたちも、考えを改めざるをえなくなりました。

しかし、ただ"水やスポーツドリンクを飲めばよい"というだけで思考停止してはいけません。どんな成分のドリンクを飲むべきか、飲む量はどれくらいがベストなのか。常に最善のものを追い求めるべく、カラダだけでなく頭もフル回転させていきたいものです。

●水分摂取量について

まずは、水分としてどれくらいの量を飲むべきかを考えましょう。日本体育協会のガイドラインとしては、競技前に250~500ml、競技中は1時間ごとに500~1000mlとしています。
1時間に1リットルと聞いて、ビックリしましたか?ジムでみかけるのは500mlのペットボトルが大半ですが、1時間以上トレーニングしている場合、それではぜんぜん足りないのです。
また冷房の効いているジムならまだマシですが、屋外で練習している場合や、冷房を入れてないジムで夏季に運動する場合、さらに水分の必要量は増大してきます。
「のどが渇いた」と感じるときは、すでに脱水がはじまっています。脱水すると熱中症の危険があるだけでなく、筋肉が収縮するパワーが落ちるため、トレーニングの効果も薄れてしまいます。トレーニング効果を最大に引き出すため、「1時間で1リットル」を目安として、水分摂取を欠かさないようにしましょう。

●ミネラル摂取量について

しかし補給するのが「ただの水」だけだと、血液が薄まってしまいます。そこでカラダは血液の濃度を保とうとして、血液から水分を排出しようとしてしまうのです。これを「自発的脱水」と呼びます。つまり水だけを大量に飲むだけでは、効率よく水分を補給することができないのです。
自発的脱水を防ぐため、日本体育協会のガイドラインでは、100ml中に40~80mgのナトリウム(0.1~0.2%の塩分)の含まれるドリンクを推奨しています。市販のスポーツドリンクの成分を調べてみると、意外にも100ml中のナトリウムが40mlに達していないものがあるので注意したいもの。
またナトリウム以外にもカリウムやカルシウム、マグネシウムなども汗から排出されます。これらのミネラルについても留意されたドリンクを選ぶようにしましょう。

●糖質の量は?

ワークアウトドリンクに配合する糖質としては、前回紹介したクラスターデキストリン®がお勧めです。もちろんマルトデキストリンやブドウ糖などでも、"ただの水"よりはずっとマシ。ダイエット中でない限り、運動時の糖質補給は欠かさないようにしたいものです。
さて、1リットルのドリンクを飲むとして、どれくらいの量の糖質を配合すればよいのでしょうか。
あまり糖質の量が多いと、ドリンクの濃度が高くなって胃もたれしてしまいます。といって、少なすぎる量ではエネルギー補給になりません。
胃もたれしないギリギリの糖質量としては、濃度としてだいたい6%程度。つまり1リットルあたり60gくらいまでなら大丈夫です。クラスターデキストリン®でしたら80gくらいまで問題なく使えます。

●さらにステップアップ!

十分な水分と糖質、そしてミネラルが補給できれば、ワークアウトドリンクとして合格です。しかし、さらにプラスアルファを求めたいなら、「ペプチド」も追加配合してみましょう。プロテインを細かく分解して少数のアミノ酸のつながりにしたペプチドは、トレーニングによって起こるカタボリック(筋肉分解)を防ぐことができるのです。
ペプチドの状態だと消化の手間がかからないため、胃もたれすることなく急速に吸収されて体内に取り込まれ、筋肉を分解するホルモンから筋肉を守ってくれます。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ