サプリメント最前線

夏を乗り切るためのサプリメント

夏を乗り切るためのサプリメント

以前紹介したとおり、夏バテの対策としては、ビタミンB群やミネラル類をしっかり摂取することです。これは食事の工夫でもなんとかなりますが、自炊する時間が無かったり、もともと料理が苦手だったり、レバーや卵、野菜類が嫌いだったりといった感じで、なかなか食事だけで栄養を補うのは難しいという人が大半ではないでしょうか。

となれば、サプリメントで補うのが効率的です。高用量のビタミンB群を含んだマルチビタミンである「ビタミンスーパープレミアム」と、亜鉛やマグネシウムなどの不足しがちなミネラルを配合した「ZMAスーパープレミアム」。この二つはハードにトレーニングする夏季に欠かせないサプリメントとなるでしょう。

ビタミンスーパープレミアム
ZMAスーパープレミアム


他にも夏バテに有効となるものがありますので、幾つか紹介していきます。まずは「ペパーミントティー」。ペパーミントには胃の粘膜を修復し、消化を促進して食欲を回復させる作用があります。どうも胃がムカムカして食べる気がしないというときは、食前にペパーミントディーを1~2杯ほど飲んでみてください。
なおペパーミントの香りがダメという人は、カモミールティーにも近い効果が期待できます。どちらもリラックス作用、神経を鎮める作用がありますので、寝る前に飲むのも良さそうです。睡眠が深くなるとともに、翌朝の朝食をしっかり食べられるようになるかもしれません。

また、どうも疲れてやる気がしないというときには、アミノ酸の「チロシン」が有効です。チロシンはアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質の材料となりますので、これが不足すると夏バテによる倦怠感を促進してしまいます。
食べ物としてはカツオやタケノコに多く含まれますが、夏バテ対策としては微妙に旬の時季を外してしまっていますから、サプリメントとして飲むのもいいでしょう。その場合は起床直後や運動の45分前に1~2gを。

疲労回復効果としては、「クエン酸」も有名です。オレンジやグレープフルーツなどに多く含まれますので、こういった柑橘系の果物を食べるようにすれば、それだけで十分なクエン酸を摂取できます。
どうしても柑橘系がダメだという方は、薬局に行って「クエン酸ください」と頼んでみましょう。サプリメントとしても販売されているクエン酸ですが、実は薬局で非常に安価に買えるのです。ただし最近では「掃除用」のクエン酸も販売されているようですが、それは純度が低いのでNGです。またクエン酸は「酸」ですので、空腹時に飲むと胃を傷めることがあります。必ず食事と一緒に摂るようにしてください。摂取量としては一回に1~2gを一日に2~3回程度です。

古くから疲労回復の妙薬として使われている「ニンニク」もバカにはできません。炭水化物をエネルギーに変えるときはビタミンB1が必要になるのですが、ニンニクにはビタミンB1の吸収を飛躍的に増大させる作用があるのです。またビタミンB1には乳酸を除去する作用もありますので、ニンニクをときどき食べるようにするだけで、エネルギーアップや疲労回復作用が期待できるということになります。

最後に「半身浴」もお勧めしておきましょう。半身浴には副交感神経を優位にしてリラックスさせる作用があり、冷房病などで疲労した自律神経を回復させる効果があります。だいたい38度くらいのぬるめのお湯にみぞおちまで浸かり、30分ほど本でも読みながらゆったりと過ごしてください。
カラダが温まるまでに時間がかかりますので、冬は逆に風邪を引いてしまいかねませんが、暑い夏だったらその心配もなく、半身浴の効果を安心して享受することができます。

さまざまなスポーツのシーズン山場となる夏の時期。それまで積み重ねてきた練習を夏バテで台無しにしてしまうことのないよう、体調管理にしっかりと気を配って過ごしていきましょう。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ