サプリメント最前線

インスリンをコントロールしよう!

インスリンをコントロールしよう!

私たちの体内には、さまざまなホルモンが存在します。男性を男性らしくする男性ホルモンや、女性を女性らしくする女性ホルモン。子供の身体を大きく成長させる成長ホルモンや、ストレスに対抗するために分泌される副腎皮質ホルモンなど。ホルモンにはそれぞれに重要な役割があり、私たちの身体を制御していきます。
さて、特に男性ホルモンや成長ホルモンは、その名のとおり身体づくりに重要な働きを担っています。しかし、身体をつくっていく上でもっとも重要な作用を持っているのは、「インスリン」というホルモンです。

●インスリンの作用とは

膵臓にあるベータ細胞から分泌されるインスリンには、血液中の栄養を細胞の中に取り入れる作用があります。つまりインスリンがないと、どんなに大量に食べたとしても栄養が吸収されないということになります。
筋肉や体脂肪を分解してエネルギーを取り出すホルモンとしては、アドレナリンやグルカゴン、コルチゾルなど多くのものがあります。しかし面白いことに、エネルギーを取り入れるホルモンはインスリンただ一つだけなのです。ですから、インスリンは身体をつくっていく上で、最も重要なホルモンの一つなのです。
では、どうすればインスリンを分泌させることができるのでしょうか。

●インスリンの分泌......そのメリットとデメリット

インスリンには、「基礎分泌」「追加分泌」の二種類の分泌機構があります。通常、何もしていない状態でも常に微量のインスリンが分泌されており、それを基礎分泌といいます。そして、食物を食べて血液中の糖分が増えると、細胞がそれを察知してさらに多くのインスリンを分泌させます。それを追加分泌と言います。つまり糖分(炭水化物)の多いものを食べれば、インスリンを追加分泌させることができるわけです。
ですから米やパン、パスタなどで炭水化物を食べまくるようにすれば、インスリンの栄養吸収作用によって身体を大きくすることができます。
しかし、問題もあります。インスリンは筋肉だけでなく、脂肪細胞にもエネルギーを取り込んでしまいます。つまり、体脂肪も増やしてしまうのです。体脂肪が増えてもいいから大きくなりたいという場合はともかく、できれば余計な脂肪は増やさず、純粋な筋肉だけを増やしていきたいものです。そのためには、どうすればよいのでしょうか。

●インスリン・ヒエラルヒー

インスリンは主に筋肉と肝臓、体脂肪に作用します。ここで知っておいて欲しいのが、「インスリン感受性」という言葉。これは「インスリンの働きやすさ」を表す言葉です。インスリン感受性が高いといえば、インスリンが働きやすいということになります。
さて、このインスリン感受性の高さは通常の場合、「筋肉>肝臓>脂肪」となります。そして、トレーニングによって、筋肉のインスリン感受性をさらに高めることができるのです。
ですから、トレーニングしている人の場合、最初は筋肉に対してインスリンが働きます。すると、脂肪のほうに使われるインスリンは少なくなるので、体脂肪を増やさずに済むというわけです。
しかし、ドカ食いをして大量にインスリンが分泌されてしまうと、話は別となります。筋肉や肝臓だけで処理しきれず、インスリンが脂肪合成のほうに使われてしまうのです。一日二食の相撲取りを見れば、ドカ食いと体脂肪の関係は明瞭となるでしょう。

●Small Meal のススメ

そこで、「Small Meal」 です。ドカ食いではなく、少なめの食事を小分けにして何度も食べるようにしてみましょう。そうすれば、少量のインスリンが継続的に分泌される状態となります。
少量のインスリンでしたら、筋肉や肝臓だけで処理できますので、脂肪合成のほうにまで手が回りません。つまり、体脂肪を増やさないまま筋肉に継続的に栄養を送り込むことができる。従って、純粋に筋肉だけを増やすことができるわけです。さらに、内臓への負担も少なくすることができます。
しかし、一日に何度も食事を摂るというのは、なかなか難しいもの。次回はその解決方法について紹介していきましょう。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ