サプリメント最前線

鍛えるなら、飲め!

鍛えるなら、飲め!

「水を飲むな。飲むとバテるぞ!」。――部活の鬼コーチがそういって部員たちを叱咤激励していたのも、今は昔。1990年代以降から運動中の水分補給は常識となり、最近では水だけでなく、炭水化物や電解質を含んだドリンクを飲むことが推奨されるようになってきています。
運動中に飲むドリンクのことを、「ワークアウトドリンク」と呼びますが、いわゆる「スポーツドリンク」では、実は少々物足りません。ワークアウトドリンクに必要な成分が抜けていますし、他の問題点もあるからです。

●運動中にもたんぱく質を!

ワークアウトドリンクに必要な成分とはなんでしょうか。もちろん「水」は必要ですし、汗として流れ出てしまう「電解質」も欠かせません。そして運動の主なエネルギー源となる「糖質」も必要となるでしょう。
しかし実は、「アミノ酸(プロテイン)」も、運動時には重要なエネルギー源となるのです。

15人のサイクリストを使って2004年に行われた実験では、「糖質のみ」のドリンクに比べ、「糖質+プロテイン」のドリンクを飲んだ場合、29%~40%も長く自転車をこぎ続けることができました。さらに運動後の筋損傷の割合については、「糖質+プロテイン」ドリンクのほうが83%もダメージを小さく抑えることができたのです。※
※「Effects of a carbohydrate-protein beverage on cycling endurance and muscle damage」
Saunders et al, Medicine and science in sports and exercise 2004 vol.36

ただし普通のプロテインだと、消化吸収に時間がかかりますし、胃にもたれてしまう可能性もあります。そこでお勧めするのが「ホエイペプチド」。ホエイプロテインに酵素を働かせて細かく分解したものなので、消化の手間がかかりません。迅速に吸収され、エネルギーとして使われたり、筋肉の修復に使われたりします。

●クラスターデキストリン®とは?

普通の「米」と、「モチ米」の違いはわかりますか? 実はこの二つ、炭水化物の種類が違うのです。炭水化物には「アミロース」「アミロペクチン」の二種類があり、普通の米は「アミロース+アミロペクチン」なのですが、モチ米はほぼ100%がアミロペクチンなのです。
アミロペクチンはアミロースに比べて枝分かれ構造が多く、表面積が広くなっています。そのため消化酵素が働きやすくなっており、スピーディーに消化吸収されます。ですからワークアウトドリンクとしては、アミロースよりもアミロペクチンのほうが有用だということになります。
そのアミロペクチンをさらに細かく均一に分解したものが、「クラスターデキストリン®」です。クラスターデキストリン®をワークアウトドリンクに使うことで、胃にもたれることもなく、十分な量の糖質を迅速に補給することができます。

●自由に濃度を決めたい

一般的なスポーツドリンクは、100ml中に6~12g程度の糖質が含まれています。しかし、もっとも速く糖質が吸収される濃度は、2.5%程度なのです。そこから徐々に吸収速度が落ちていき、6%を超えたあたりから、急激に吸収が遅くなります。このことから考えると、市販のスポーツドリンクは濃度が高すぎると言えそうです。また味も濃い目で、運動中に飲むには甘すぎると感じられるかもしれません。
汗をかきやすい夏季は糖質濃度を薄めにして多めの水分を摂取し、汗をかきにくい冬季は少なめの水分摂取でありながら、十分な糖質が摂取できるようにしたいもの。このように考えると、出来合いのドリンクは少々不便です。自分で好きな量の水を足して作れるタイプのワークアウトドリンクの方がずっと便利に使うことができるでしょう。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ