サプリメント最前線

これを飲んで、鍛えろ!

これを飲んで、鍛えろ!

最高の条件で練習したい。そのためには、運動中にも最適な栄養補給を行うことが必要となります。しかし、普通のスポーツドリンクでは物足りない。では、運動中に飲むワークアウトドリンクに求められる条件とは何でしょう。

ワークアウトドリンクの条件

  1. 1.クラスターデキストリン®のように、迅速な消化吸収がなされ、かつ胃に負担のかからない糖質が配合されている。
  2. 2.糖質だけでなく吸収の速いプロテイン(ホエイペプチド)を配合。
  3. 3.ナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどの電解質も十分に配合。
  4. 4.自由に摂取量や濃度を決められるよう、自分で好きなだけの水を足して作れるパウダータイプ。
  5. 5.ガブガブ飲むことが苦にならない美味しさ。甘さが後を引かず、のど越しがスッキリしている。

これらの条件を満たしたワークアウトドリンクが、「DNS R.E.D. レボリューショナリー エネルギー ドリンク」です。これからの暑い時季、普通にトレーニングするだけでは途中でバテてしまったり、脱水症状を引き起こしたりしてしまうかもしれません。 しかし、R.E.D. を飲みながらトレーニングすれば、練習後半になってもバテることなく、脱水症状を起こす危険もゼロ。安心して極限まで鍛え込むことができます。

【1食(32.5g)あたり】
エネルギー:130kcal /
たんぱく質:5.0g / 脂質:0g / 炭水化物:26g /
ナトリウム:200mg / カリウム:92mg / カルシウム:36mg /
マグネシウム:7.6mg /
デキストリン(クラスターデキストリン):11g /
果糖:9g / ホエイペプチド:5g
DNS R.E.D.
レボリューショナリー
エネルギー ドリンク
アスリートの消耗戦を征する
革新的エネルギードリンク

R.E.D. の摂取方法ですが、水分補給を第一に考える場合は、一袋を1リットルの水に溶かして飲むようにします。そうすれば糖質濃度が2.5%となり、このときに水分の吸収がもっとも速くなるのです。練習や試合の後半でのどの渇きが気になったり、体温の不自然な上昇が感じられたりするような場合は、この摂取方法を選んでください。

また、エネルギー補給・電解質補給を第一に考える場合は、1リットルの水に2袋を溶かして飲みます。このときは糖質濃度が5%となり、十分な量の糖質と電解質を胃にもたれることなく迅速に補給することができます。練習の後半になってバテてきたり、筋肉が痙攣したりするような場合は、こちらの摂取方法を選んでください。

さて、日本体育協会の指針による運動時水分摂取のガイドラインは、次の通りとなっています。

  • ・1~2時間の競技の場合、競技の30分前に250~500ml、競技中に1,000mlを飲みきる。
  • ・2時間以上の競技の場合、競技の30分前に500ml、競技中は1時間あたりに500~1,000mlを飲む。
  • ・一度に飲む量は200ml程度。それを10~15分置きに飲む。

ここでは「競技」となっていますが、「ハードな練習」のときも推奨摂取量は同じだと考えてください。では、R.E.D. を使う場合の具体的な摂取方法を紹介しましょう。

●R.E.D. の使い方

1.喉の渇きが気になりやすく、体温が不自然に上昇することが感じられる場合
  • ・2リットルの水にR.E.D. 2袋を溶かす。
  • ・練習の30分前に500mlを飲む。
  • ・練習が始まったら、10~15分置きに200mlを飲む。
  • ・足りなくなったら「1リットルあたり1袋」の割合で作り足す。

2.練習中にバテやすかったり、筋肉が攣りやすかったりするような場合
  • ・2リットルの水にR.E.D. 4袋を溶かす。
  • ・練習の30分前に500mlを飲む。
  • ・練習が始まったら、10~15分置きに200mlを飲む。
  • ・足りなくなったら「1リットルあたり2袋」の割合で作り足す。

R.E.D. は普通にジュースとして飲むこともできますので、余ったら練習以外のタイミングで喉を潤すために飲んでも問題ありません。しかし、余った分を「次の日の練習のときに使う」ということはダメです。タンパク質や炭水化物が含まれるR.E.D. は細菌にとって絶好の繁殖場ですので、作り置きするのはNG。作ったら、その日のうちに飲みきるようにしてください。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ