サプリメント最前線

運動中の強い味方「R.E.D.」

運動中の強い味方「R.E.D.」

運動中に摂取するドリンク。それを「ワークアウトドリンク」と呼びます。ワークアウトドリンクには水だけでなく、ナトリウムを主とした様々なミネラルや、吸収の早い糖質・タンパク質が配合されていることが必要です。
もちろんペットボトルの水にそれらの栄養成分を配合して、オリジナルのワークアウトドリンクを自作することも可能です。しかしトレーニングの度に自作していたのでは手間もかかりますし、意外にコストも高くなってしまいます。またオリジナルのドリンクだと、味を美味しく仕上げるのは至難の業です。

最初からワークアウトドリンクとして開発され、必要な成分を全て配合したサプリメントがあれば、非常に便利なはず。さらに味が良く、コストも安ければ言うことなし。 そんなアスリートの願望を満たしたサプリメントが、「R.E.D. レボリューショナリー エネルギードリンク」です。

R.E.D. レボリューショナリー エネルギー ドリンク 【1食(32.5g)あたりの栄養価】
エネルギー:130kcal / たんぱく質:5.0g / 脂質:0g / 炭水化物:26g / ナトリウム:200mg / カリウム:92mg / カルシウム:36mg / マグネシウム:7.6mg / デキストリン(クラスターデキストリン):11g / 果糖:9g / ホエイペプチド:5g
【革新的エネルギードリンク】


クラスターデキストリン®がエネルギーを補給する!

R.E.D. に配合されている糖質は「クラスターデキストリン®」と呼ばれ、非常に消化吸収が早くなっています。糖質には大きく分けて「アミロース」と「アミロペクチン」の2つの種類があります。その2つの種類を比べると、アミロペクチンのほうがアミロースに比べて消化が早いのです。アミロペクチン100%の糖質に、さらに酵素を働かせて分子構造を均一に細かくしたものが、クラスターデキストリン®です。
消化吸収の早いクラスターデキストリン®を配合したR.E.D.を運動中に摂取することで、胃もたれすることもなく、最後までバテずに運動を続けることが可能となります。


ホエイペプチドがエネルギーをブースト!

R.E.D.には「ホエイペプチド」が配合されています。運動中のエネルギー源は糖質や脂質だけでなく、実はアミノ酸も数%~数十%がエネルギーとして使われているのです。
ホエイペプチドはホエイプロテインに酵素を働かせて細かく分解したもの。そのため消化吸収は迅速に行われ、十分な量のアミノ酸をエネルギーとして供給することができます。なお激しい運動によって筋肉は破壊されてしまいます。それを修復するためにも、ホエイペプチドのアミノ酸は利用されます。

R.E.D. に配合されたクラスターデキストリン®とホエイペプチドのコラボ。それは運動中のパフォーマンスを常に高くキープするとともに、アスリートの身体を守ってくれます。


十分なミネラルを確保!

運動によって大量の汗をかくと、ナトリウムを筆頭にカリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルが流れ出てしまいます。しかしミネラルが不足した状態で水分だけ補給すると、ナトリウム不足による「水中毒」(※)の危険性があります。また薄くなった血液を元の濃度に戻すため、「自発的脱水」(※)が起こって、さらに体内から水分が失われてしまう可能性もあります。
そのためワークアウトドリンクには、ナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルを配合しておく必要があります。R.E.D.にはそれら全てのミネラルが配合されており、アスリートを水中毒や自発的脱水から守ってくれます。また、身体に良いスポーツドリンクも味が悪ければストレスとなってしまいますが、R.E.Dはブラッドオレンジ風味ですっきり美味しく飲めます。


R.E.D. の使い方

R.E.D. の一般的な摂取方法は、1リットルの水に1~2袋を溶かして飲むようにします。水分補給が主な目的の場合は1袋、ミネラルやエネルギー補給が主な目的の場合は2袋にするといいでしょう。

さらに詳しい飲み方については、こちらの記事をご一読ください。

[これを飲んで、鍛えろ!]



(※)水中毒...過剰な水分摂取のため、血液中のナトリウムイオンの濃度が低下することでめまいや吐き気、筋肉の痙攣といった症状を引き起こす。
(※)自発的脱水については以下の記事をご参照ください。

運動時の水分補給について考える-Part 2

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ