サプリメント最前線

夏を乗り切る3つのサプリメント!

夏を乗り切る3つのサプリメント!

食欲が落ちるとともに、暑さによるストレスで胃腸が弱りがちな酷暑の時季。食べたものの消化吸収能力も低下してしまいます。
普段だったら食事を工夫することで、ある程度は栄養を確保することができます。しかし上記のように、この時季は食事から十分な栄養成分を摂取することが難しくなりがち。そんなときこそ、サプリメントの出番です。

夏を乗り切るためのサプリメント

  • 1. サプリメントでビタミンやミネラルを確保!
  • 2. プロテインを有効に利用する!
  • 3. 美味しいドリンクでエネルギーをチャージ!

サプリメントでビタミンやミネラルを確保!

普通に食事ができたとしても不足してしまいがちなのが、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素です。特に夏季は汗で流れ出てしまいやすいため、むしろ普通のとき以上にビタミンやミネラルを摂取する必要があります。
そこでお勧めしたいのが、「マルチビタミン」です。これはビタミンB群やビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類をまとめて配合したもので、アスリートのコンディショニングを大いに助けてくれます。マルチビタミンにもさまざまな製品がありますが、中には申し訳程度の量しか含んでいないものもあります。十分な「量」を含んだ製品を選ぶようにしてください。
DNSの「ビタミンスーパープレミアム」は12種類のビタミンを配合しており、それぞれが十分な量を摂取できるようにデザインされています。夏季のみならず、普段から継続的に摂取しておきたいサプリメントの一つです。

ビタミンスーパープレミアム 【1日分あたり(12カプセル)の栄養価】
エネルギー:58kcal / たんぱく質:2.5g / 脂質:4.5g / 炭水化物:1.7g / ナトリウム:11mg / β-カロチン(ビタミンA効力):2778IU / ビタミンA:1,000IU / ビタミンB1:50mg / ビタミンB2:25mg / ビタミンB6:30mg / ビタミンB12:100μg / ナイアシン:30mg / パントテン酸:90mg / ビタミンC:1,000mg / ビタミンD:280IU / ビタミンE:400mg / 葉酸:400μg
【本格派ビタミンミックス】


またビタミンと並んで夏季に不足しやすいのがミネラルです。そして特にアスリートにとって必要なのが、「亜鉛」「マグネシウム」。この二つはホルモンの材料になったり、数々の酵素の働きを助けたり、痙攣を防いだり、深い睡眠を助けたりと、身体のさまざまな代謝を補助するミネラルとして活躍します。
また通常の食事で不足しやすいミネラルでもありますので、できればサプリメントで摂取しておきたいものです。
DNSの「ZMAスーパープレミアム」は亜鉛とマグネシウム、そしてビタミンB6を配合したアスリートのための秘密兵器。これらのミネラルを補給することによって、代謝がスムーズに働くようになれば、パフォーマンスの改善にも大きく期待が持てるようになります。

ZMAスーパープレミアム 【1日分あたり(6カプセル)の栄養価】
エネルギー:8.0kcal / たんぱく質:0.58g / 脂質:0.01g / 炭水化物:1.39g / ナトリウム:1.2mg / マグネシウム:200mg / 亜鉛:30mg / ビタミンB6:30mg
【ミネラルサプリメント】


プロテインを有効に利用する!

夏となれば冷やし中華やソーメンなど、冷たい食事ばかりになってしまいがちです。しかしそんな食事ばかりでは、タンパク質が足りなくなってしまうはず。だからと言って、暑くてグッタリしているときに熱々のステーキを食べる気にもなれません。
そこで、プロテインを使ってみましょう。プロテインといえば、普段はトレーニング前後や寝る前、間食として飲むものです。しかしそれを敢えて「食後に飲む」ようにするのです。

つまり、タンパク質の少ない食事の後にプロテインを飲んで、食事トータルとしてのタンパク質摂取量を確保するのです。この場合は食事に追加するだけですから、プロテインは10g程度の少量で構いません。


美味しいドリンクでエネルギーをチャージ!

夏になるとジュースや炭酸飲料などの清涼飲料水ばかり飲みたくなるものです。しかしそれらにはロクな栄養素が含まれていません。どうせ飲むならば、有用な栄養素が含まれているドリンク、それも美味しくて安価なものを・・
そんなアスリートの願いをかなえたのが、「R.E.D レボリューショナリー エネルギードリンク」です。R.E.D. には吸収の良い炭水化物のほか、ホエイペプチドやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルが含まれており、しかもスッキリ飲めるブラッドオレンジ風味です。
本来はトレーニング中に飲むためのドリンクなのですが、あらかじめ大量に作ってペットボトルなどに入れて冷蔵庫で冷やしておき、好きなときにジュース代わりに飲むという使い方も強くお勧めできます。アスリートだったら清涼飲料水ではなく、身体をつくるエネルギードリンクをチョイスしましょう!

R.E.D. レボリューショナリー エネルギー ドリンク 【1食(32.5g)あたりの栄養価】
エネルギー:130kcal / たんぱく質:5.0g / 脂質:0g / 炭水化物:26g / ナトリウム:200mg / カリウム:92mg / カルシウム:36mg / マグネシウム:7.6mg / デキストリン(クラスターデキストリン):11g / 果糖:9g / ホエイペプチド:5g
【革新的エネルギードリンク】

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ