JMワークアウト

【Vol.2】「筋肉がつかないのは栄養が足りていないから。簡単な話だ」

【Vol.2】「筋肉がつかないのは栄養が足りていないから。簡単な話だ」

英会話講師としてフルタイムで働き、現役のプロフットボーラ―としても活躍するジャバリ・ミラー(JM)。
前回の「JMワークアウト」では彼のトレーニングを紹介したが、今回はジャバリの1日を追いながら、彼の栄養摂取について教えたい。勇敢なるウォリアー、ジャバリの高密度な筋肉は、トレーニングと適切な栄養摂取の両輪がそろい、初めて作られるのである。

JM Nutrition Timeline
5:30 起床
起床後すぐに食事(1食目)
全卵4個+オリーブオイル スクランブルエッグ
白米 160~200g
7:45 トレーニング開始
※トレーニング中 水のみ
8:45 トレーニング終了
グルタミン 10g クレアチン 5g(終了直後)
パスタ 200g以上(トマトソース+ひき肉+全卵2個)(2食目)
ZMA(食後30分後)
9:00 業務中
※合間に100%オレンジジュースを摂取(1日で1,000ml以上 600kcal以上摂取)
13:00 食事(3食目)
焼肉ランチ 牛肉 200g以上
白米 大盛り2杯
ZMA(食後30分後)

※ある日のジャバリの昼食

※昼食が終わった段階で、3,000kcal以上摂取

14:00 業務
※合間に補食(パスタ 100g程度)(4食目)
18:00 業務終了
※合間に鶏胸肉 200g(5食目)
21:00 夕食(6食目)
カツカレー(大盛り)
23:30 就寝
就寝前にZMA+ビタミンE+オレンジジュース 200ml

これが平均的な1日のメニューだ。ごらんの通り、実によく食べる。それについて、ジャバリはこう言う。

「人間の身体はある意味、単純。体重を500g増やすには、今食べている量よりも500kcal多く摂ればいい」
「筋肉がつかないと言っている人は、やっぱり栄養が足りていないんだろうな」
「増量したい時には1日5,000kcalを目標にしている」

また、ジャバリはこうも言っている。

「トレーニングしたならば、栄養もしっかり摂らないと、一生懸命やったトレーニングが無駄になる。身体は特にたんぱく質をほしがっているから、しっかり摂らなきゃだめだ。ちゃんと摂ると、翌日の疲れ具合もまったく違うしね」

しかし、いくら毎日ハードにトレーニングしているからとはいえ、1日5,000kcal、たんぱく質を200g近く摂取するのは容易ではない。ましてや継続して摂取するとなれば、なおさらだ。正直、つらくはないのだろうか。

「初めはつらかったけど、すぐに慣れるよ。本当はもっと細かく分けて(栄養を)摂りたいんだけど、仕事をしていると、それはなかなか難しい。でも身体は作らなきゃいけないから、手軽に摂れる100%ジュースなどで補っている。筋肉を分解しないように、糖質を確保できるからね。いろいろ試してみて、今の方法に落ち着いたかな」

実はジャバリには、身体を作る上でのあるハンデがある。
乳アレルギーのため、ホエイプロテインを摂取できないのだ。

「本当は摂りたいし、摂ればもっと効率よく身体を作れたと思う。でも摂れないのは仕方ないから、できることをしているんだ」

トレーニングと同じく栄養摂取についても、彼はさまざまなトライアルを自ら実践し、今の身体を作り上げたのだ。

冒頭でも触れたが、きっと多くの皆さんと同じように、彼もまたフルタイムで働くウォリアーだ。しかしそれを言い訳とせず、今の環境でできることにひたむきに取り組んでいる。ジャバリを見ていると、工夫次第で身体はいくらでも作れる、ということを証明しているように思える。

「時間がない」
「職務中に栄養摂取は無理だ」

本当はそう思っているだけで、できることはいくらでもあるのではないか。

そしてジャバリの言葉を借りるなら、「急な成長などない。地道に続けることが大事」だ。勤務中のコーヒーをオレンジジュースに変える。ほんの数分の空き時間に補食を摂る。そういった小さなことの地道な積み重ねは、確実に血肉となっていく。

確かにこれは、あくまでもジャバリの方法。誰にとってもこれがベストだとは言わない。だがその哲学、そして「No.Excuse」という姿勢。それは、ウォリアーならば見習うべきものである。

                                                 岡先聖太

株式会社ドーム サプリメントチーム 岡先 聖太
早稲田大学 スポーツ科学部 出身
競技歴:陸上競技 円盤投げ
かつて挙げたベンチプレスMAX(230kg)、デッドリフトMAX(330kg)を再度挙げ、より高みへ至るためにトレーニング中。現在ベンチプレス190kg、デッドリフト280kg。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ