特集

むき出しの欲望を筋肥大に変える ~前編「食欲」

むき出しの欲望を筋肥大に変える ~前編「食欲」

食欲は過度に抑えるな。停滞したら食べろ!

好きなだけ 食べたい抱きたい 眠りたい
心の底からマグマのようにあふれ出る「欲望」。それはウォリアーを突き動かす熱きエネルギーなのか!?それともどん底まで堕落させる麻薬なのか!?

人間ならば誰しも持つ三大欲と、我々ウォリアーはいかに向き合うべきなのか。食欲、性欲、睡眠欲。際限なくあふれ出る欲望と対峙しながら筋力を高め、鋼の肉体を作り上げるための策を、今月は前後編に分けて紹介していく。前編はトレーニングと密接な関係にある、食欲について。

【チーティングで「コルチゾール」を抑制する】

ウォリアーだって人間である。だから、時には思う。

「こってりしたラーメンが食べたい。大きなハンバーガーにかぶりつきたい。ロースカツ定食をご飯大盛りでいきたい。スナック菓子をつまみにビールをあおりたい...」

そんな欲望には打ち勝たねばならない。ウォリアーなら日ごろのヘルシーな食事に加え、プロテインやサプリメントをしっかり摂り、脂肪をカットして鋼のごとき肉体をビルドすべきだ。

しかし、ひたすらストイックに我慢し続ければいい、というわけでもない。

「コルチゾール」というホルモンをご存じだろうか。ストレスを感じた時に発散され、困ったことに、筋肉を分解する作用を持つ。ダイエットや減量のために体を絞り込んでいると生じる、空腹感や食べたいものを食べられないなどのストレスにより、コルチゾールが分泌されてしまう。その結果、筋肉が減って代謝が下がり、減量が停滞するのだ。

そんな時に有効な手立てが、チーティング。すなわち、日常の節制に慣れて代謝が落ち、停滞する体に、好きなものをたくさん食べてカツを入れることだ。

コルチゾールの分泌により代謝が下がった状態の時、好きなものを好きなだけ食べると、節制によるストレスは軽減。そして、特に炭水化物をたくさん食べることで、インスリンが大量に分泌される。これらの作用がコルチゾールの働きを抑制し、再び代謝を活発にしてくれるのだ。

特にダイエットや減量などで体を絞っているなら、積極的にチーティングを取り入れていくべきだろう。

【チーティングのタイミング】

では、どんなタイミングで行ったらいいのだろうか。好きなものを好きなだけ食べるチーティングはある意味、諸刃の剣。行うタイミングは重要だ。

減量を始めると、甲状腺ホルモンの働きが低下し、それと同時に代謝も下がっていく。代謝ダウンの目安は、減量開始からひと月~ひと月半ぐらい。体重低下が滞ってきたらその時点で代謝が低下したと考えてチーティングしてしまってもいいが、もっと正確に代謝ダウンを把握するには、毎日の体温測定が有効だ。

甲状腺ホルモンには体温をキープする働きがあるが、減量によりそれが低下。体温が0.2℃ほど下がる。これがチーティングの合図とするといいだろう。そのため、特に減量期間は毎朝決まった時間に体温を測定し、変化に敏感になっておくといいだろう。

チーティングの際は好きなものを好き放題食べるのもいいが、甲状腺ホルモンの働きを活性化するにも、白米やパスタなど吸収のいいクリーンな炭水化物をたくさん摂ること。それにより、代謝アップの効果はさらに高まる。

チーティング期間は基本的に丸1日。筋肉量が多い人は2日行ってもいい。チーティング翌日、体重は確かに増えるが、これは体内のグリコーゲン量の回復や水分の増加によるもの。特に気にする必要はない。普段の節制がしっかりできていれば、1日~2日だけ好きに食べても、脂肪が増えることはないので大丈夫だ。積極的にチーティングを行い、肉体をコントロールしていこう。「停滞したら食べろ」だ。

【「キレちゃう前に」グルタミン】

減量中に気をつけるべきなのが、ストレスが高じて起こる食欲の爆発だ。厳しいダイエットに取り組んでいる人ほど、途中で気持ちが切れて爆発的に食べ、そこからなし崩し的にリバウンドしてしまう。

そんな状態になる前に「気持ちのガス抜き」をすることが大事だ。

1日のトータル摂取カロリーをしっかりコントロールできていれば、その中である程度好きなものを食べても大丈夫。そして、食べるならトレーニング直後。トレーニング直後であれば、食べたものは筋肉の発達に貢献しやすく、多少食べたからといって、それほど脂肪が増えることはない。食べるなら、トレーニング直後だ。

そもそも脂肪を削り筋肉をつけるのは、それほど難しいことではない。ダイエットに失敗する多くの人が、正しい食事ができておらず、あまりに短期間で多くの体重を落とそうとしてしまう。例えばひと月で5㎏、10㎏と体重を減らそうと考えると、確実に筋肉を削り落とすことになり、それは代謝ダウンそしてリバウンドに直結する。

筋肉を維持して脂肪を削る場合、無理なく落とせるのは1週間に500g程度。無理のない目標設定の上で、正しい食生活に加えてチーティングを時々入れながら、長期間にわたって続け、目標に達するようにすべきだろう。

また、ダイエットを行う場合、グルタミンを上手く利用すると食欲を抑えられることは知っておきたい。

グルタミン

人間の脳内にはグルタミン酸受容体という、興奮系の神経伝達物質がある。グルタミンを摂ると脳内で興奮作用が起こり、それが食欲を抑制してくれるのだ(ちなみにグルタミンは、胃潰瘍やアルコール中毒の治療にも使われている)。空腹を感じた時にグルタミンをほんの5gほど摂ることで、食欲を上手く抑えることができる。ぜひ、有効に使ってほしい。

大事なのは、食欲と上手く向き合うこと。決して大爆発させず、巧みにコントロールしていきたい。ウォリアーたる者、食欲から逃げてはダメだ。

前田成彦

前田成彦
DESIRE TO EVOLUTION編集長&株式会社オフィス221代表。
学生~社会人にてアメリカンフットボールを経験。昨年よりトレーニングを本格的に再開し、現在、ベンチプレスのMAXはやっと100㎏に到達。夏までに130㎏挙上を目指す。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ