JMワークアウト

【Vol.3】「勢いや、反動を使うな!」

【Vol.3】「勢いや、反動を使うな!」

少ない時間を有効に使う。それがジャバリのスタイルだ。全身をバランスよく鍛えるため、彼がとりわけ重視しているのが「ビッグ3」と呼ばれるエクササイズ。すなわち「スクワット」と「ベンチプレス」、そして今回紹介する「デッドリフト」だ。

デッドリフトはハムストリングスや大臀筋、脊柱起立筋群の他、広背筋や大円筋、僧帽筋など、多くの筋肉を刺激できる。

ジャバリはウォームアップとして140kg×3~5レップ。
その後、155kgにアップ×3~5レップを3セットほどこなす。特筆すべきはフォームだ。バーベルを持った後、いったん腰を低く落とす。

【構え】 【スタート】いったん腰を深く落とす

「大事なのは背中のアーチをしっかり保つこと。そしていったん腰を落とすのは、下半身をしっかりと固めることで、反動を使わないため。勢いや反動を使い、トレーニングをやった気になっても意味はないからね」

挙上後には腰を少し反らせながら、お尻をぐっと入れ込む。それにより、最後に強い負荷を自らの身体に「押し込む」。

【フィニッシュ】腰を少し反らせながら、お尻をぐっと入れ込む

忙しい日々を送るが故、ジャバリは多くの時間をトレーニングに費やせるわけでは決してない。彼が使える時間は、早朝の1時間弱のみ。だからこそトレーニングは集中して、高いテンションを保ちながら行う。

しかしそれは、エクササイズを雑に行う、という意味では決してない。

「勢いや、反動を使うな!」

それはデッドリフトに限らず、あらゆるトレーニングメニューに共通する、ジャバリの大切な考え方なのである。

デッドリフトは、正しいフォームを身につけることが特に大切だ。いたずらに高重量を追い求めず、軽いウエイトから始め、フォームを徐々に体になじませていくことを意識してほしい。

前田成彦

前田成彦
DESIRE TO EVOLUTION編集長&株式会社オフィス221代表。
学生~社会人にてアメリカンフットボールを経験。ウォリアーの端くれとして昨年よりトレーニングを本格的に再開。先日、ベンチプレスのMAXはやっと100㎏に到達した。目標は夏までに130㎏挙上。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ