JMワークアウト

【VOL.9】停滞したら、刺激を変えろ! 

【VOL.9】停滞したら、刺激を変えろ! "Muscle Confusion"を起こせ!

今回紹介するのは、"JM"ことジャバリ・ミラーが行っているコアトレーニングの一つ、シットアップ。このメニューは以前も紹介したが、さらに強い負荷をかけるためにマイナーチェンジがされている。なぜならここ最近、コアの筋肉の成長が止まっていることに気づいたからだ。

「トレーニングが終わった後の腹筋の張りが今一つで、筋肉痛も少なくなっていた。要はマンネリになっていたんだよね。人間は頭がいいから、トレーニングメニューに慣れたらすぐに楽な体の使い方をしようとする。そんな気持ちはシャットアウトしなきゃダメだ。常にフレッシュな刺激を、筋肉に与え続けるんだ」

以前は床に寝た状態で、20kgのプレートを使って行っていたシットアップ。これを、ベンチに寝た状態から上半身を出し、20kgのウエイトバッグを使って行うように変えた。

「もっともっと強烈な刺激を腹に送るために、ボクサーが行っているシットアップを参考に、自分で考えたメニューなんだ。

どんなトレーニングでも、それが普通になってしまったら成長しない。メニューに慣れてしまったら、フォームを見直し、負荷を上げ、回数を増やす。それでも強い刺激を与えられなかったら、メニューを変える。それにより、慣れきってしまった筋肉にConfusion(混乱)を与え、ダイナミックに成長させるんだ」

ジャバリは20kgのウエイトバッグを使って、このメニューを15~20レップ×3~4セットこなす。


「もちろん、他のトレーニングも同じこと。今思えば、以前は毎日1時間しかトレーニングできなかったので『時間がないから仕方ない』と自分に言い訳して、同じメニューをこなしていた。でも、今はジムに近い場所に引っ越したので、もっとトレーニング時間を取れる。時間がない、なんて言い訳は、もうできないんだ」

ウエイトトレーニングに終わりはない。サバンナを駆ける野生動物のように強くてしなやかな肉体をクリエイトするための最良の方法を、ジャバリは常に考え続ける。

JM

ジャバリ・チョウイチロウ・ミラー
株式会社ドーム 英会話インストラクター
サンノゼ州立大学 出身
アメリカンフットボールを選手(ディフェンシブ・バック)としてアメリカと日本でプレーし、2013年に引退。その後は多くの人の見本となるべく、トレーニングに取り組む。
好きなアスリート:ショーン・テイラー(NFL ワシントン・レッドスキンズ)
好きなサプリメント:ホエイプロテイン、クレアチン
好きな身体の部位:腹筋

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ