JMワークアウト

【VOL.10】Explosion!サバンナを駆ける野生動物のようなバネを!

【VOL.10】Explosion!サバンナを駆ける野生動物のようなバネを!

アメリカンフットボールを昨シーズン限りで引退。新たな自分を手に入れるため、肉体改造を行った"JM"ことジャバリ・ミラー。

ほぼウエイトトレーニングのみだった、この春までのワークアウト内容を刷新。ランニングやジャンプを取り入れ、90kg近くあった身体を83kgまで絞り込むことで、以前の力感たっぷりな肉体は、メリハリに富んだフォルムへと劇的に進化した。

以前はジムに来ると、すぐさまスクワットやデッドリフトを高重量で行っていたが、今は違う。まずは25度程度の傾斜をつけたトレッドミルを10分ほど走り、身体を温めてからトレーニングをスタート。その後は12kgのダンベルを持ってハードルをジャンプ。サバンナを駆ける野生動物のようなバネを作り上げんとしている。

「自信のある人間は、どんなことがあっても決して負けない。俺は、みんなができないことができる人間になりたいんだ」

現在、ジャバリが精力的に取り組んでいるメニューの一つがジャンピングランジだ。22kgのダンベルを両手に持った状態から全身の力を使い、片足でジャンプする。



「Explosion!爆発だよ!今は筋肉を大きくするよりも、絞って、爆発力をつけることを考えている。俺はアメリカ人だからね。デカくてメリハリがあって、バネのある強い身体でいたいんだ」

そんなジャバリが意識する存在が、アメリカンフットボールの栗原嵩選手だ。栗原選手とジャバリはもともとチームメイト同士。現在も同じドームアスリートハウスでトレーニングをこなす仲間でもある。

「NFLを目指す彼はまだ現役バリバリだけど、負けたくない。勝手に、ライバルだと思っているよ(笑)。俺はアメリカンフットボールは引退したけれど、ハードなトレーニングをずっと続けている。もっとキレのある身体を作って、いつか追い越してやる!密かにそう思っているんだ」



JM

ジャバリ・チョウイチロウ・ミラー
株式会社ドーム 英会話インストラクター
サンノゼ州立大学 出身
アメリカンフットボールを選手(ディフェンシブ・バック)としてアメリカと日本でプレーし、2013年に引退。その後は多くの人の見本となるべく、トレーニングに取り組む。
好きなアスリート:ショーン・テイラー(NFL ワシントン・レッドスキンズ)
好きなサプリメント:ホエイプロテイン、クレアチン
好きな身体の部位:腹筋

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ