JMワークアウト

【VOL.11】苦手種目? そんなことは関係ない。 強くなりたければ、決して逃げるな!

【VOL.11】苦手種目? そんなことは関係ない。 強くなりたければ、決して逃げるな!

筋力とスピードをアップさせたいウォリアーにとって、最も重要なトレーニングの1つがクリーン&ジャーク。一連の動作で足、背中、腰、肩、腕など、全身の主要な筋肉を鍛えることができる。

だが、"JM"ことジャバリ・ミラーは言う。

「実はクリーン&ジャークは苦手種目だったんだ。苦手なのは、以前からわかっていた。それなのに、この種目はいらないんだ、と自分に言い聞かせていた。

でも、アメフトを引退し、あらためて自分と向き合ってわかったんだ。俺はただ、苦手なトレーニングから逃げていただけ、ってね。

できないことを、できるようになる。それは人間として、大きな価値のあることだ。今はアメリカンフットボールからは引退しているから、確かに、これができなくても困りはしない。でも、苦手だったクリーン&ジャークができるようになったら、気持ちも身体も、確実にワンランク強くなれる」

クリーン・アンド・ジャークは動作のスピードが速く、稼働する範囲も大きい。ジャバリは60kgでアップを行った後、80kg×5rep×3setをこなす。

「最近、体幹も強くなって、昔のようなバネが戻ってきた。今はバスケットボールのリンクにダンクシュートだってできる。そうしたら、また、トレーニングが楽しくなってきたよ」

クリーン&ジャークは爆発的な動作でバーを挙上するため、ゆっくりとしたスピードで行うスクワットやデッドリフトでは決して得られない刺激を、全身の筋肉に与えることができる。バネのある肉体を取り戻したジャバリはさらなる高みを目指し、今日もトレーニングルームで躍動する。

JM

ジャバリ・チョウイチロウ・ミラー
株式会社ドーム 英会話インストラクター
サンノゼ州立大学 出身
アメリカンフットボールを選手(ディフェンシブ・バック)としてアメリカと日本でプレーし、2013年に引退。その後は多くの人の見本となるべく、トレーニングに取り組む。
好きなアスリート:ショーン・テイラー(NFL ワシントン・レッドスキンズ)
好きなサプリメント:ホエイプロテイン、クレアチン
好きな身体の部位:腹筋

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ