特集

2016年、フィジカルで圧倒するための トレーニング&サプリメントプログラム

2016年、フィジカルで圧倒するための トレーニング&サプリメントプログラム

2016年、われわれはフィジカルですべてを圧倒する。
ここでは、そのためのトレーニング&サプリメントプログラムを紹介したい。


■体脂肪を減らし、筋肉をつける週3回トレーニングプログラム

お勧めしたいのが、全身を(1)大胸筋/背筋群/腹筋群(2)三角筋/上腕二頭筋/上腕三頭筋(3)大腿四頭筋/大腿二頭筋/ふくらはぎの3つに分け、1日置きで週3回、順番に刺激を与えていくことだ。

1日目 大胸筋/背筋群/腹筋群
2日目 休み
3日目 三角筋/上腕二頭筋/上腕三頭筋
4日目 休み
5日目 大腿四頭筋/大腿二頭筋/ふくらはぎ
6日目 休み
7日目 1日目からリピート

具体的なトレーニングメニュー、セット数、レップ数など詳細については、以下の記事を参照願いたい。

体脂肪を減らし、筋肉をつける(週3回トレーニング)


■サプリメントプログラム

次に紹介するのが、フィジカルで圧倒するウォリアーのために組んだサプリメントプログラムだ。1日の中で何を、どのタイミングで摂取すべきか。以下にその一例を表示する。

起床後
プロテイン グルタミン
第1食
(朝食後)
ビタミンSP JointSP ZMA SP
第2食
or
Jel-X バーエックス
第3食
(昼食後)
ビタミンSP JointSP ZMA SP
第4食
or
Jel-X バーエックス
トレーニング前
BCAA
トレーニング中
R.E.D
トレーニング後
(ゴールデンタイム)
プロテイン(ホエイ100) R4
クレアチン グルタミン
第5食
(夕食後)
ビタミンSP JointSP ZMA SP
就寝前
ホエイプロテインSLOW

まず起床直後に、プロテイングルタミンを摂取し、就寝中のカタボリックを食い止める。
グルタミンも併せて摂ることがポイントだ。

朝食、昼食とともにビタミンSPJointSPZMA SPを摂取し、食間にはJel-X。約3時間ごとにしっかり栄養を摂り、体内でたんぱく質を切らさないことが大事だ。

そして午後のトレーニング前にBCAA、トレーニング中はR.E.D、トレーニング後のゴールデンタイムにはプロテイン(ホエイ100)グルタミンクレアチンそしてR4をしっかり摂り、筋肥大を促すとともに疲労回復に努める。

夕食時もビタミンSPJointSPZMA SPを摂取し、就寝前には吸収の遅いホエイプロテインSLOWを摂って、カタボリックを防ぐことが大事だ。

ちなみに、世界最高峰のプロスポーツリーグNFLへの挑戦を続けるDNS戦士、栗原嵩選手のサプリメントプログラムは以下。こちらもぜひ、参考にしてほしい。

参考記事
栗原 嵩(アメリカンフットボール)Vol.3「Supplement Program」

フィジカルで圧倒する。
そのためには、やみくもに鍛えればいいわけではない。やみくもにサプリメントを飲めばいいわけでもない。正しいトレーニングプログラムを組み、適切な栄養を、適切なタイミングで摂取することに尽きる。このトレーニング&サプリメントプログラムを参考に、圧倒的な身体を獲得してほしい。





前田成彦
DESIRE TO EVOLUTION編集長&株式会社オフィス221代表。
学生~社会人にてアメリカンフットボールを経験。昨年よりトレーニングを本格再開し、学生時代のベンチプレスMAX超えを目指し奮闘中。お気に入りのマッスルメイトは、ホエイプロテインSTOICにR4とグルタミンをブレンドしたオリジナルドリンク。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ