Warrior's Story

「僕はまだ、始まってすらいない」ケンブリッジ飛鳥が巻き起こすフィジカル革命 ~前編

「僕はまだ、始まってすらいない」
ケンブリッジ飛鳥が巻き起こすフィジカル革命 ~前編

2016年、そのポテンシャルを開花させつつあるケンブリッジ飛鳥。

はじめて臨んだ8月の大舞台で、男子100m予選は10秒13で準決勝進出。だが準決勝では10秒17の3組7位となり、世界トップ8が競い合う決勝への進出はかなわなかった。
しかし、その4日後に行われた4×100mリレーではアンカーを務め、予選で37秒68のアジア新記録をマーク。決勝では予選のアジア記録を更新する37秒60で2位となり、銀メダルを獲得した。

活躍の背景には、大学時代から着実に積み重ねてきたフィジカルトレーニング、そしてハイクオリティな栄養摂取がある。
今回は彼とDAH(ドームアスリートハウス)に所属する大前祐介パフォーマンスコーチ(兼ドームトラッククラブコーチ)に、今回のオリンピックで得たもの、そして短距離選手のパフォーマンスにおけるフィジカル強化と栄養摂取の重要性を語ってもらった。

※インタビューは、2016年9月初旬に実施。


インターハイぐらいの感覚で、オリンピックや世界選手権に臨めるように。

「オリンピックの100mについては、予選のタイムは10秒13。自分の走りができたと思います。準決勝については、決して緊張はありませんでした。オリンピック前のベルギー遠征や今回の予選でも9秒台の選手とのレースを経験していましたが、9秒7~8台のトップ選手達と競り合うという意味では、経験不足だったかもしれません。
正直に言いますが、準決勝ではジャスティン・ガトリン(アメリカ)選手のスタートを少し意識してしまいました。ガトリン選手は、30mまでは世界で最も速い。彼を目で追ってしまい、普段より少し早く顔と上体が上がり、上手くスピードに乗れず最初で離されてしまいました。もちろん悔しかったです。でもいい経験ができたので、これでよかったと思います。同じ失敗は、決してもうしません」(ケンブリッジ)


「レースまでの準備については、普段通りトレーニングを積み重ねることを意識してきました。そこはしっかりとできたと思います。予選は10秒13。彼の自己ベストである10秒10前後で確実に走れる、という感触が練習の段階からあった。彼はもともとメンタルが強いですし、平常心を保ちながら走ることができた。
準決勝のタイムは10秒17。順位は低かったですが、彼のタイムとしては決して悪くない。ガトリンのスタートに動揺した部分はあったと思いますが、レースに落ち着いて入れたという意味で、大きな収穫があったと思います。何より、これまでよりワンランク、ツーランク上の次元の勝負を経験できたことは、今後に向けて非常に大きいです」(大前)


十分、戦える。そんな感触は、日本陸上競技選手権で優勝し、オリンピック出場権を得た6月からすでにあった。ケンブリッジの持ち味の一つが、どんな大会であっても安定した力を出せるメンタル。それを支えるのは、積み重ねてきたフィジカルトレーニングだ。

大学時代まで、ハムストリングスの負傷を繰り返していたケンブリッジ。しかし、社会人となってコンスタントにフィジカルトレーニングを行ったことで、ケガは大幅に減った。そこで生まれたコンディションへの自信と、厳しいトレーニングを積んできた自負。それが、彼のパフォーマンスを安定させたのだった。


「4×100mリレーでは、タイムもメダル獲得も、それなりの自信がありました。レースでは、アンカーとしてボルト選手と並んで走れたのは最高でした。まさか隣で走れるとは思っていなかったので、いい思い出になりました(笑)」(ケンブリッジ)

「リレーはある意味、当然の結果だったと思います。加えて今回わかったのは、今の時点ではケンブリッジが100mに加えて200mにチャレンジするのは時期尚早ということ。一つの大会の中で100mを10秒10台で2本走るのは彼にとって初めての経験で、100mを終えた時点で、多少疲労が残っていました。それを考えると、フィジカルをもっと上げなくてはいけないのは確かです。

つまり、彼はまだ始まったばかりなんですよ。そして世界には、彼より速い選手はたくさんいる。彼らにチャレンジして、勝つ。そのためには、インターハイぐらいの感覚でオリンピックや世界選手権に臨めなくてはいけない。インターハイではチームのエースは8本、9本走るのが当たり前です。9秒台を狙い、世界のトップを目指すには、それぐらいの本数を当たり前のように走れる力量をつけなくてはダメです。

例えばボルト選手には、圧倒的な力量があります。本当の全力を出すシーンを極力抑え、要所でドンとパワーを出す。そういうスタイルなので、余力を残して決勝のレースを迎えられるわけです。

そもそも100mという競技で本当に100%の力を出し切るのは、基本的に難しい。少し走れば身体がバキバキに張るし、下手すれば壊れます。そんなレースを何本も走らないと、トップには立てません。つまり、強い負荷に耐える身体があっての競技です。それを考えると、9秒台そしてオリンピックのファイナリストになるには、今のフィジカルはぜんぜん足りません」(大前)


試合前でも普段通り。

オリンピックに臨むに当たり、まずはアメリカで合宿を張ってからリオ入りする、という調整プランを採った。

「アメリカに行く少し前から、調子は上がっていたし気持ちも高まっていました。なぜかいつも、試合になると勝手に調子が上がっていくんですよね(笑)。
アメリカでは、フィジカルトレーニングもランも、すべて普段と変わらないトレーニングメニューをこなしました。場所が変わっただけで、いつも通り負荷をかけました。サプリメントの摂取も特に変えていません。いつも通りのことをしっかり続けたから、いいコンディションでオリンピックに臨むことができたのだと思います」(ケンブリッジ)

「アメリカでのトレーニングは、基本的には日本でやってきたことをそのまま。調整というより、しっかりと追い込みました。追い込んで追い込んで、リオ入ってから疲れを抜きつつ、気持ちを高めていった感じです。つまり、オリンピックだからといって特別なことは何もしていない。普段と違うアウェイの環境下に置かれてても、できる限り普段と同じことを続ける。大切なのはそこ。日本の選手は往々にして、アウェイへの対処が下手だと思いますね。
もしかすると、オリンピックに向けて普段と違う特別な調整をしてしまっているのではないか。それが、他の日本人選手を見て気になった点です。アメリカに行く1週間前に国内で合宿をしたのですが、午前に走って午後にウエイトトレーニングをする、というように、二部練習で強い負荷をかけていたのは僕らだけ。他の日本人選手の練習内容については詳しいことを知りませんし、彼らの練習の良し悪しまではわかりません。ただ少なくとも、国内合宿の段階でウエイトトレーニングにしっかりと取り組んでいる選手はケンブリッジ一人でした」(大前)

サプリメント摂取についても、いつも通り。いいと思うものを、毎日確実に摂る。合宿期間もリオ入り後も、それを徹底した。

「オリンピック前も今も、サプリメントについては何も変えていません。まず、トレーニングの後は必ずプロテインを摂ります。週2日のウエイトトレーニングの後はホエイプロテインSPR4クレアチン。トラックでの練習後もホエイSPクレアチンですね。そして毎食後にEPAJOINTZMAを飲みます。基本的に、スポーツ栄養士さんにアドバイスをいただいた通りのプログラムをずっと続けています」(ケンブリッジ)

   
   

「ウエイトトレーニングとサプリメントの摂取は、身体を大きく強くするための手段であり、そのための最短のアプローチ。より速く走るために、この二つは決して欠かせないものです。オリンピック前もガンガンやることで、コンディションは自然と上がっていきました。大きな大会に臨むにあたっていつもと違う行動を起こしたり、いつもと違うテンションになってしまうのはダメ。普段からしっかりと強い負荷をかける。そして、質の高い栄養を摂る。場所がどこであろうと、その基本に徹することです。

陸上は個人競技ですが、決して一人だけで戦うものじゃない。選手がいてコーチがいて、トレーナーがいて、栄養士がいて、というチームスポーツです。トラックでのトレーニング、ジムでのフィジカルトレーニング、栄養摂取...何か一つでも欠けたら、絶対に成立しません。ケンブリッジという個人のパフォーマンスを上げるために、多くの人が周囲にいて、みんなが常に冷静に彼を見て、最短距離で勝利へのレールを敷いてあげる。そして、彼は迷いなくそこを走る。今や陸上競技とはそういうものだということを、ぜひ知っていただけたらと思います」(大前)

(後編に続く)










Share
twitter
facebook
印刷用ページへ