NEWS
Team DNS News

DNS戦士・栗原選手 今シーズン初戦で2TD&ボルティモア・レイブンズのミニキャンプに参加

453_1.jpg

2013年4月28日、DNS契約アスリートの栗原崇選手が、第36回パールボウルトーナメント1回戦のハリケーンズ戦に出場。

開始直後のキックオフで85ヤードのキックオフリターンタッチダウン(TD)。また、第2Qには47ヤードのパントリターンTDとチーム最多得点、最多得失点勝利に貢献いたしました。
「久々の日本での試合だったので、1発目は絶対にいってやろうと思っていた。思い通りのステップもできた。次はレシーバーでも頑張り、勝ちます」と語り、次戦に照準を合わせています。

また、2013年5月3日(金)から5月5日(日)に開催されたNFL ボルティモア・レイブンズのミニキャンプに参加。有能なプレーヤーを海外からも選りすぐるというボルティモア・レイブンズの試みとして実施されたもので、ドラフトされた新人45名のみが参加できます。この狭き門をくぐり抜けNFLチームによるミニキャンプに参加した日本人は、栗原選手が初めてとなります。

スクリメージでタッチダウンパスをキャッチするなど、インパクトを残した栗原選手。
DNSはこれからもサプリメントを通じて栗原崇選手 のコンディションをサポートしていきます。

栗原崇(くりはら たかし)
180cm 84kg ポジションはワイドレシーバー(WR)
1987年11月7日生まれ。駒場学園高出身。法政大学時代は、U19日本代表、2009年関東リーグ戦MVPを獲得。卒業後はパナソニックインパルスに所属。NFLを目指し「NFLリージョナル・コンバイン2012」に参加。現在はIBM BigBlueに所属。