Nutrition Guide 身体を作り、機能させる栄養・サプリメント情報 より効率的な身体作りのために

9-2.結合組織の材料

コラーゲンには数多くの種類があるが、特に結合組織に含まれるコラーゲンはタイプⅡのものである。またコラーゲンを形成するために、十分なたんぱく質とビタミンCが必要となる。

プロテオグリカン集合体とは、ヒアルロン酸+プロテオグリカンである。ヒアルロン酸はビタミンCによって作られ、またプロテオグリカンはグルコサミンを材料にしたコンドロイチン硫酸などから(他にケラタン硫酸、ヘパラン硫酸など)形成されている。

さらにコンドロイチン硫酸やケラタン硫酸にはMSMという有機イオウが含まれている。

またMSMには細胞膜の浸透圧を調節して栄養素の取り込みを高める作用や、神経細胞に伝わる痛みのインパルスを抑制して痛みの緩和を助ける栄養素である。

以上のことから結合組織を強くするためには、以下の栄養成分が重要であることがわかる。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ

DNS Tech

Training Guide