DNS Tech スポーツサプリメントのテクニカル情報を集約 サプリメント・栄養に関する疑問を解消

ローインテンシティワークアウト

DNSはインターバルトレーニングが脂肪燃焼に有効だと信じる。しかし、このトレーニングが非常に体力を消耗し、大変なのも事実だ。よって、その強度を下げたワークアウトをここに提唱するが、ローインテンシティでも充分に脂肪燃焼並びに有酸素運動につながるものである。心拍数は最大心拍数の50~60%程度に保ち、その代わり時間を長くかけてトレーニングする。例えば、5分間のウォーミングアップの後、最大心拍数の50~60%で30~45分間運動を続け、5分間のクールダウンで完了、という具合だ。

例えば、30歳の人は190×0.5あるいは0.6で、それぞれ95あるいは114という数字が決定される。


Share
twitter
facebook
印刷用ページへ