DNS Tech スポーツサプリメントのテクニカル情報を集約 サプリメント・栄養に関する疑問を解消

インターバルトレーニングワークアウト

インターバルトレーニングは、持久力とスタミナをやしなうためにある。わかりやすく言えばこの運動は、上がったり下がったりのパターンを繰り返す ジェットコースター、つまり運動の最中に心拍数を上げたり下げたりするワークアウトなのである。 インターバルトレーニングを日常的に行う人の多くは、そのバリエーションを楽しんでいる。それでは、まず最大心拍数の70%と80%の数値を算出しよう。
これはかなりきついので、心拍数を常に確認するようにしよう。

例えば、30歳の人は190×0.7あるいは0.8で、それぞれ133あるいは152という数字が決定される。

それではワークアウトを始めてみよう。心拍モニターをつけ、最初の5分間はウォーミングアップとする。その後3分間インターバルを7~9セット。3 分間インターバルでは、1分間は最大心拍数の80%を出し、つづいての2分間は60~70%まで下げる。最後に5分間のクールダウンでこの有酸素運動は完 了だ。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ