HISTORY

DNSのルーツ

1998年、株式会社ドームの創設者であり、代表取締役の安田はNFLヨーロッパのコーチ時に、2mを超えるほどの身体を持ちながらもグランドではチーターのように俊敏に動く選手たちを観察していました。
その時、彼らが常に摂取していたサプリメントと出会います。
日本と欧米アスリートの体格や運動能力の違い―
これは人種の違いという一言で片付けられるものではなく、明らかに栄養=サプリメントに対する意識の差であることを安田は現地で実感。
「このままでは日本は世界から取り残されてしまう。」
強い危機感を抱いた安田はNFLヨーロッパ時代の人脈を生かし、アメリカでは誰もが知っていて、現地の選手が常に摂取していた米国最大手のサプリメントブランドを日本に持ち込む交渉を開始しました。
当時そのブランドは海外展開に注力していなかったこともあり交渉は難航しましたが、度重なる折衝の結果、1999年に取り扱いが実現。
しかし、サプリメントの輸入は日米の法律の違いによる規制の壁が立ちはだかりました。
アメリカではどこでも売られているサプリメントのほとんどが輸入不可、もしくは異常に高い関税が課せられました。日本人アスリートは、ただでさえたんぱく質(プロテイン)の摂取量が少ないため、サプリメントでの摂取が絶対的に必要だが、肝心の商品が日本で展開できないのです...。
「それならば、日本で作ってしまおう」
こうした必然的な流れから、ドームはスポーツサプリメントの自社ブランド開発に乗り出し、生み出したものこそ、DNSです。

DNS=Dome Nutrition System

DNSの開発がスタートした当時の日本のサプリメント―それは、「低品質」・「不味い」・「高価」というものでした。パフォーマンスアップのためには、サプリメントの「継続摂取」が絶対条件である中、これではアスリートの努力を最大化することはできません。
これを可能にする「真のスポーツサプリメント」は、「高品質」・「飲み易い(おいしい)」・「適正価格(常用できる価格)」である必要があります。
ドームは原料輸入、味、製造、パッケージデザインにいたるすべての工程において、現場との直接取引とアスリートの声を聴くことを貫き、約2年の歳月をかけて2000年に「ホエイプロテインG+」を誕生させました。
さらに、商品を開発し販売するだけでは完全とはいえません。ドームは、サプリメント講習会の実施、ニュートリションガイドブックの発行、WEBページの開設によってアスリートへのトレーニングと栄養・サプリメント摂取に関する啓発・教育活動を積極的に実施。それはトレーニングと栄養・サプリメント摂取に関する正しい知識がなければ、継続摂取そして本来の目的であるパフォーマンスアップにつながらないからです。
「DNS」というブランド名。これは、Dome Nutrition Systemの略であり、最後のSystemには、サプリメント商品だけではなく、これら啓発・教育活動も含めてSystemとして考えて欲しいという思いから名付けられています。

X-PROJECT

2004年、日本のサプリメントを世界レベルまで一気に引き上げるべく、「新世代サプリメント」開発プロジェクト、"X-PROJECT"を始動させました。
「たんぱく質をしっかり摂りたい。でもプロテインを毎回シェイカーで混ぜて、飲んで、シェイカーを洗うのは面倒」。
DNSはこの悩みを解決するため、試行錯誤を繰り返し、たんぱく質を約30g含んだプロテインドリンク「プロX」を開発。
同時に「忙しい時に食事代わりになる物が欲しい」という声に応え、たんぱく質・炭水化物・ビタミン・ミネラルをまとめて摂れて、お腹にもたまる「ジェルX」を開発。
当時のサプリメント業界ではありえなかったコンセプトを実現し、「未知のもの」である「X」を生み出しました。

トップアスリートからの信頼

パフォーマンスアップを実現できる商品を追求し、正しい知識とともに世に送り出してきたDNSは、やがてトップアスリートから高い信頼を得るようになります。
DNSを愛用するアスリートから、世界の超一流アスリートへ育つ選手も現れ、DNSは、豊富な実績と経験を積みながら、商品を改良し、商品を拡充して続けています。

進化を続けるDNS

「人を進化させる。」DNSは自らも歩みを止めません。アスリートのために「真のスポーツサプリメント」を開発し続けてきたDNSは、今、進化を望む全ての人のためにあります。
人によって異なる進化の方向性に応えるべく、その商品は、サプリメントにとどまらず、ドリンクや食材にまで広がり、DNSに駆け込めばほぼ揃う状態となっています。
欲しい栄養をカスタマイズでき、DNSブランドの世界観を体感できるDNS POWER CAFÉを大手町、中野に出店し、環境面から人々の進化をサポートも行っています。
小麦に独自処方でプロテインを練りこんだ高たんぱく麺を開発し、身体づくりを行う人でも気兼ねなく麺を食べられるようにしたり、お菓子を食べながら機能性を得られるグミなど、DNSの進化は止まることを知りません。