Base

身体の土台となる五大栄養素を補給するカテゴリー

ホエイプロテイン
ジープラス

ホエイプロテイン
ジープラス
Whey Protein
G+

ホエイプロテイン
ジープラス

アンチドーピング分析結果

詳しい情報・ご購入はこちらから

QUICK FACTS

何が良いのか?
・身体作りをサポートする成分が追加されている
摂るべき人
・ワンステップ上を目指したい人
・より体を大きくしたい人
摂るべきタイミング
・トレーニング/練習後30分以内
・間食として
摂る量(目安)
・添付スプーン1杯
(たんぱく質25.8g※チョコレート風味の場合)
1回分の値段
・198円
主要成分
・ホエイたんぱく、グルタミン
何が良いのか?
・身体作りをサポートする成分が追加されている
摂るべき人
・ワンステップ上を目指したい人
・より体を大きくしたい人
摂るべきタイミング
・トレーニング/練習後30分以内
・間食として
摂る量(目安)
・添付スプーン1杯
(たんぱく質25.8g※チョコレート風味の場合)
1回分の値段
・198円
主要成分
・ホエイたんぱく、グルタミン
購入はこちら

プロテインのアドバンテージ。

「日本のアスリートを強くしたい。」

そんな思いを持って、2000年にホエイプロテインG+が完成した。

それまでの日本のプロテインは、「不味い」「高い」というモノが多く、継続的な摂取につながりにくかった。反対に、海外に目を向ければ、おいしくてストレスなく飲め、かつたんぱく質も十分に摂れるものがある。

「このままでは、日本のは世界から取り残されてしまう」

そんな危機感から誕生したのが、ホエイプロテインG+ DNSの第一号商品である。

世界中から高品質の原料を厳選し、味にもこだわって開発。価格も適正に抑えることに成功し、継続的に摂取できるようにサポートしている。

ホエイプロテインG+とは?

DNSの第一弾商品。開発当時、世界基準のプロテインを目指して産み出されたG+。そのG+が日本のプロテインを変えるきっかけとなったといっても過言ではない。そして、それこそがG+のアドバンテージでもある。その理由を説明しよう。

プロテインのアドバンテージたる由縁 

プロテインに入っている成分によって、どれだけ効率的に身体を作れるかも違ってくる。

効率的に行うとはどういうことか、それは、身体の中では常に分解と合成がバランスをとって起きているが、身体を効率的に作る要素の1つが、「分解を抑える」こと。これが第1歩とも言える。この役割を担うのが、G+の「ホエイプロテイン」と「グルタミン」である。

身体の中では常に「カタボリック」という分解と「アナボリック」という合成がバランスをとって起きているが、身体を効率的に作る要素の1つが、「分解を抑える」こと。これが身体作りを効率的に行う為の第1歩とも言える。

身体作りに適したホエイプロテイン

分子量が小さく、消化・吸収の早いホエイたんぱく質を使用。身体作りに重要な必須アミノ酸が全て入っている。

もっと知りたい人はこちら ↓


アスリートには必須の「グルタミン」5,000㎎

グルタミンの主な役割は、身体の分解を抑えてくれること。これが「G+」の所以でもある。また、グリコーゲンの回復や免疫力にも働いてくれる。非必須のアミノ酸ではあるが、アスリートはマストで摂っておきたい。

もっと知りたい人はこちら ↓


お召し上がり方

シェイカーに水200mlを入れ、添付のスプーン1杯(34g)を目安にG+を入れてシェイクする。
5秒も激しくシェイクすればしっかりと混ざっているハズ。
水の量はお好みで調整しても大丈夫。

推奨摂取タイミング

運動後30分以内(ゴールデンタイム)

運動直後30分は「ゴールデンタイム」と呼ばれるプロテイン摂取が推奨されるタイミング。
このタイミングでは体重1㎏あたり0.3gが摂る量として推奨される。
70㎏の人であれば21g、100㎏の人であれば30g。

たんぱく質としては、運動直後のプロテインや食事や含め、1日に体重1㎏あたり2gは摂りたい。70㎏の人であれば140g。100㎏の人であれば200g。

特集

mb_proteinIndex.jpgsmart_proteinIndex.jpg