Base

身体の土台となる五大栄養素を補給するカテゴリー

エナジープラス

エナジープラス
ENERGY PLUS

エナジープラス

アンチドーピング分析結果

  • 準備中
詳しい情報・ご購入はこちらから

QUICK FACTS

何が良いのか?
・身体を大きくするためのカロリー増が容易
・運動時の効率よいエネルギー補給
摂るべき人
・身体を大きくしたい人
・高エネルギーが必要なアスリート
摂るべきタイミング
・運動後(プロテインと一緒に)
・運動前/運動中(スポーツドリンクなどに溶かして)
摂る量(目安)
・添付スプーン1杯(48g)
1回分の値段
・115円
購入はこちら

エンデュランス+サイズ = アドバンテージ

「最後まで走り続けたい」 「もっと大きくなりたい」

目標をもって日々トレーニングに励むならば、その向上心は尽きることがないだろう。

最後の1秒まで全力を出せれば、パフォーマンスを最大化できる。
動き続けるには十分なガソリン、つまりエネルギーが必要だ。

大きな身体はそれ自体がアドバンテージ、摂取カロリー>消費カロリーが、身体を大きくするための大前提だ。

エナジープラスは、プロテインやスポーツドリンクに簡単に混ぜておにぎり一個分に相当する200kcalを摂ることができる。

アドバンテージを獲得したいなら、いつも摂っているものにエナジープラスを追加してみてほしい。

■エナジープラスとは

でんぷんを分解して作られる粉飴に、 MCT (中鎖脂肪酸)を加えたサプリメント。スポーツドリンクやプロテインに溶かして、エネルギーを追加したとしても殆ど味が変わることなく摂取できる。
また、2種類のエネルギー源を配合しているため、急速なエネルギー補給かつ、持続的なエネルギー補給を可能としている。

■1食(48g)あたり、200Kcal

炭水化物だけでなく脂質も配合しているため、1食あたり200Kcal、約おにぎり1個分のカロリーをとることができる。しかも、溶けもよく、スポーツドリンクや、DNSプロテイン1食分と併せても、従来の水の量で溶かし切ることができる。

■粉飴とMCTの2種類のエネルギー源

吸収の早い粉飴と、エネルギーとなる脂質であるMCTを同時に配合することで、急速かつ、持続的にエネルギーを共有することができる。最初は、粉飴が、後からMCTがエネルギー源となってくれるということ。それでいてスポーツドリンクなどに混ぜても味が変わることはない。

■プロテインに追加して、ウェイトゲイナーに。

身体を大きくするには、たんぱく質も重要だが、大前提として、摂取カロリー>消費カロリーとなる必要がある。 なかなか身体が大きくならないと感じている人の殆どが、このカロリー不足によるところが大きい。 プロテインを摂るときに、エナジープラスも一緒に摂ることで、カロリーを容易に追加することができるので、増量に苦労している人の強い味方となるだろう。

■急速なエネルギー補給でリカバリーにも。

試合やトレーニング後の急速なリカバリーを考えた場合、ある研究では、炭水化物とたんぱく質と脂質のミックスが、筋中のグリコーゲン(エネルギー源の一つ)量をもっとも多く回復させたとある。※ すなわちプロテインとエナジープラスのミックスがリカバリーを考えたうえでも重要ということ。 プロテイン+エナジープラスで、リカバリー対策も万全だ。

【 Reference 】

※Ivyら(2002)J Appl Physiol93:1337-1344,2002

お召し上がり方

エナジープラスは、添付スプーン1杯(48g)を目安に、水やスポーツドリンクに溶かして飲んでほしい。もちろん、プロテインなどと一緒に飲んでも構わない。
増量したい時期や、エネルギーが欲しい時期には量を増やしてみてもいいだろう。

推奨摂取タイミング

増量やリカバリーを狙うなら、運動後にプロテインと一緒にシェイクして飲み、運動するときのエネルギーを得るためであれば、運動前や運動中のドリンクに混ぜて摂るのがオススメだ。