サプリメント最前線

夏バテ対策に最適な栄養

夏バテ対策に最適な栄養

例年に比べても暑い日が続く今年の夏。今回は「夏バテ」を防ぐための栄養面での対策について解説していきましょう。

夏バテの原因の一つとして、食欲の減退が挙げられます。では、なぜ暑いと食欲が減るのでしょうか?
気温が高く、汗を大量にかくようになると、冷たい飲み物を多く欲しがるようになります。しかし水分の摂取量があまりにも多くなると、胃酸が薄まって消化能力が落ちてしまうのです。また糖分の多い清涼飲料水だと、それだけで多くのエネルギーを取り入れることになりますので、余計に食欲は減退します。
これを防ぐには、ある程度の塩分を摂取するようにすること。塩分を摂取することは胃酸を作ることにもつながり、食欲を回復させる効果があります。味噌汁を多めに飲んだり、梅干を食べるようにするのも悪くありません。普段なら塩分の過剰摂取は問題になりますが、汗を大量にかいて塩分が身体から排出されやすい夏季でしたら、まったく心配する必要はないでしょう。
もちろん飲むのは清涼飲料水ではなく、普通の水やハーブティーなどを選ぶようにしてください。アルコールやコーヒーなどはかえって脱水を促してしまいますのでNGです。

また汗をかくと、塩分以外にもビタミンやミネラルなど、多くの栄養素が体外に流出してしまいます。野菜類や果物類を積極的に食べるほか、できればサプリメントでこれらの栄養素を補うようにしたいところです。特に重要なのはビタミンB群。これは炭水化物や脂肪などをエネルギーに変える働きのあるビタミンなのですが、汗で排出されやすいのです。つまり夏はビタミンB群が不足しやすく、エネルギー不足になりやすいということ。これも夏バテの一因です。食事だけでは十分なB群が摂りきれませんので、ビタミンのサプリメントを上手に利用していきましょう。

ビタミンスーパープレミアム ZMAスーパープレミアム


なお、汗をかくのは交感神経が働いている状態です。いっぽう、食べ物を消化するのは副交感神経の仕事になります。半身浴や軽いストレッチ、腹式呼吸を心がけるなどしてリラックスすれば、副交感神経が優位に立ちますので、これらも食欲を回復させる効果が期待できるでしょう。
ちなみにいわゆる「冷房病」も、交感神経と副交感神経のバランスが上手く取れていないのが原因です。エアコンの温度を下げすぎて外気との温度差が大きくなると、これらの神経が狂ってしまうのです。外気との温度差が5℃程度になるように留めておけば、冷房病になる確率は少なくなるようです。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ