サプリメント最前線

BCAAとグルタミンの使い方

BCAAとグルタミンの使い方

BCAAとグルタミンはカラダにとって、そして筋肉にとっても非常に重要なアミノ酸です。では、どのように摂取するのがもっとも効果的なのでしょうか。

● BCAAの摂取方法

BCAAの効果の一つとして、運動中の集中力をアップしてくれるというものがあります。またBCAAは運動のエネルギー源ともなります。これらを考慮すると、BCAAは運動前に摂取したほうが、その特質を活かすことができそうです。

BCAAは、だいたい摂取後15分ほどしてから血液中のレベルが高まりはじめ、1時間後に最大値になります。そして2時間後には完全に使い切られ、血液中のレベルは元通りになります。
運動開始時には既に十分BCAAのレベルが高くなっていることが望ましいため、運動をはじめる30~40分前くらいにBCAAを摂取するようにしましょう。
また運動が長時間におよぶ場合、運動中にもときどきBCAAを摂取するようにします。ワークアウトドリンクを飲んでいる人は、ドリンクに混ぜて使うようにするといいでしょう。
また一回の摂取量は5~10gを目安とします。女性や体重の軽い男性は5g、体重の重い男性は10gと考えてください。

なおBCAAは眠いときの眠気覚ましとしても有効に使えます。カフェインとは違った経路で働きますので、仕事前などにコーヒーと一緒にBCAAを飲めば、普段よりも集中した状態で仕事に臨めるでしょう。

● グルタミンの摂取方法

グルタミンの効果としては、ハードトレーニングに伴う免疫低下・筋肉分解の防止が主なものとなります。ですから、グルタミンはトレーニング直後に摂取するようにしたほうがいいでしょう。
ただしグルタミンは少量の摂取だと、腸のエネルギー源として使われてしまうため、ある程度多めの摂取量が必要となります。だいたい1回に5gは摂るようにしてください。これもBCAAと同様、女性や体重の軽い男性は5g、体重の重い男性は10gを目安にするといいでしょう。

なお、グルタミンには胃や腸の調子を整える効果もあります。もともとは胃潰瘍の薬として使われていたくらいですし、最近ではピロリ菌に対する効果も報告されています。胃腸を整える作用を期待する場合は、起床直後などの空腹時に2~3gを摂取するだけでも十分な効果がみられるようです。

またBCAAは水溶液中でも安定しているため、ワークアウトドリンクとして水に溶かしておいて保存しておくことが可能です。しかしグルタミンは水溶液中だと不安定なため、水に溶かしたら、すぐに飲むようにしたほうがいいでしょう。



BCAA

【1回あたり(5.5g)の栄養価】
エネルギー:22kcal、たんぱく質:5.0g、脂質:0.0g、炭水化物:0.5g、ナトリウム:9mg(食塩相当量:0.02g)、L-ロイシン:2,475.0mg、L-バリン:1,237.5mg、L-イソロイシン:1,237.5mg

詳しい情報・ご購入はこちらから

Glutamine.jpgグルタミン

【1食あたり(5g)の栄養価】
エネルギー:20kcal / たんぱく質:5.0g / 脂質:0.0g / 炭水化物:0.0g / ナトリウム:0.0mg(食塩相当量:0g) / L-グルタミン:5,000m

詳しい情報・ご購入はこちらから

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ