サプリメント最前線

新シーズンに向けて ~関節を強くするためのTips

新シーズンに向けて ~関節を強くするためのTips

関節の怪我を早く治すため、また怪我をしにくい身体をつくるためには、コラーゲンとプロテオグリカンの材料を摂ることがポイント。前回はここまで解説しました。今回はそれについてさらに詳しくみていきましょう。

●コラーゲンについて

コラーゲンを作っている材料としては、アミノ酸のグリシンやプロリン、リジンなどが主となっています。ですからまずは十分なタンパク質を摂取しておくことが最低条件となります。
ただしコラーゲンを合成するとき、アミノ酸が三つ網のような構造になります。この三つ網構造をつくるときに、「ビタミンC」が必要とされるのです。またコラーゲン合成時には、アミノ酸のプロリンやリジンを「水酸化」する必要もあります。この水酸化作用にも、ビタミンCが必要とされるのです。ですから「十分なタンパク質とビタミンC」、この二つが体内でのコラーゲン合成に欠かせないものだと覚えておいてください。

そしてコラーゲンそのものを外部から摂取することも必要になります。ひと昔前までは「 コラーゲンを飲んでもアミノ酸に分解されてしまうため、意味がない」とされていましたが、近年になってコラーゲン摂取の有効性が次々と示されるようになってきました。
(Moskowitz RW.,2000, Deal CL and Moskowitz RW., 1999)

作用機序として詳しいことはまだ不明ですが、コラーゲンは大きい分子のペプチドのままでも吸収され、ある種のコラーゲンペプチドは損傷した繊維芽細胞を刺激し、再生を促進することがわかっています。またコラーゲンペプチドが体内に通常より多く存在することにより、「コラーゲンが分解されている」と身体が判断し、コラーゲン合成能力を高めようとするのではないかといった仮説が提唱されています。

●プロテオグリカンについて

プロテオグリカンは「糖タンパク」の一種であり、ある種の糖質(グリコサミノグリカン/GAG)と、タンパク質が結びついたものです。GAGの仲間には「ヒアルロン酸」や「コンドロイチン硫酸」、「デルマタン硫酸」、「ヘパラン硫酸」、「ケラタン硫酸」、「ヘパリン」などがありますが、これらの材料となっているのが、「グルコサミン」です。グルコサミンをサプリメントとして摂取することにより、関節に関係するさまざまな症状を軽減することが示されています。
(Usha PR, Naidu MU 2004、 Lee YHら 2009)

ただしコンドロイチン硫酸やデルマタン硫酸は例外で、グルコサミンからつくることができません。できればこれらも追加して摂取したいところです。
なおGAGをプロテオグリカンに合成する際には、「ビタミンA」が必要とされます。ビタミンAはレバーや卵黄、牛乳など、食事から容易に摂取できますので、普通の食生活をしていれば不足することはないでしょう。

●ジョイント スーパープレミアムについて

コラーゲンやグルコサミンなどが関節によいとは分かっていても、これら全てをバラバラに摂取するのは面倒だし、コストもかさんでしまいます。そこで、関節の問題に悩むみなさんのために開発されたのが、この「ジョイント スーパープレミアム」。グルコサミンとコンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲン、MSMなど、関節に必要な栄養素をまとめて配合したものです。
怪我をしてしまったので、早く治したい。今は大丈夫だけど、怪我をしやすい体質なので、今のうちから予防しておきたい。そのように考えている方は、ぜひジョイントスーパープレミアムをお試しください。怪我の不安から開放されることで、トレーニング効果もさらにアップするのではないでしょうか。


DNS商品紹介
ジョイント スーパープレミアム
身体を酷使するアスリート向け
【重要成分を本格配合】

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ