サプリメント最前線

BCAAの摂取方法

BCAAの摂取方法

筋肉の発達や回復に役立つだけでなく、精神を研ぎ澄ます効果も期待できるBCAA。その摂取方法について、Q&A方式で解説していきましょう。

1:摂取タイミングについて教えてください。
1:BCAAを摂取すると、だいたい30分~60分したところで血中濃度が最大になります。そして2時間ほどすると、元のレベルに戻ります。BCAAが血液中から筋肉や脳に移行して働きはじめるまでの時間も考えて、運動の45分前に摂取しておくようにしましょう。そうすれば、運動開始直後からBCAAの効果を発揮することができます。

なお運動が長時間に渡る場合には、運動中にもBCAAを追加して摂取することが望ましいです。だいたい45分~60分ごとに飲むようにするといいでしょう。サッカーやラグビーの試合などでしたら、ハーフタイム中に飲むようにします。

2:どれくらいの量を飲めば良いのですか?
2:1回の摂取量としては、5~10gが目安となります。女性や体重の軽い男性でしたら5g、体重の重い男性でしたら10gと考えてください。
ただし10g飲まないとダメというわけではありません。体重の重い男性が5gを摂取するだけでも、ある程度の効果は期待できます。

3:プロテインと混ぜて飲んでしまってもかまいませんか?
3:最適の摂取タイミングとして、プロテインはトレーニング直後や就寝前となります。またプロテインをトレーニング前に飲む場合は、消化吸収の時間も考え、運動の75~90分前には飲んでおきたいところです。ですからおのずと、プロテインとBCAAとは摂取タイミングが異なってきます。
またホエイプロテインにはBCAAがもともと多めに含まれていますので、一緒に摂取する意味があまりありません。
また集中力アップを目指してBCAAを摂取する場合、ホエイプロテインにはトリプトファンが含まれているため、同時に摂取すると効果が減弱してしまいます。トリプトファンとの同時摂取がNGとなる理由については、前号を参考にしてください。

4:牛乳やジュースで飲んでもかまいませんか?
4:ジュースなら大丈夫ですが、牛乳にはトリプトファンが含まれます。ですから、できれば牛乳は避け、水かジュースで飲むようにしてください。
なおカップにBCAAを入れて、水やジュースに溶かして飲む方法が普通ですが、面倒な場合は口に直接BCAAを放り込んでから、水やジュースを口に含んで飲んでしまっても問題ありません。

5:トレーニングのため以外にも、BCAAの有効な利用方法はありますか?
5:集中力を改善する効果を利用して、仕事や勉強の効率を上げる効果も期待できます。大事なプレゼンの前や試験前の追い込み勉強のときなど、BCAAを飲むことで、頭を冴えた状態にキープすることができます。
またBCAAには食欲を抑える効果もあるため、ダイエットの味方ともなります。空腹感を覚えたら、BCAAを5gくらい飲んでみましょう。BCAAの摂取により、身体は「エネルギーが十分にある」と錯覚し、一時的に食欲を抑えることができるのです。

6:他に注意点があったら教えてください。
6:原材料表示をチェックし、できれば日本製と銘打っている製品を選びたいところです。また、あまり大きなサイズのものは使っているうちに湿気てしまったりして、使い物にならなくなってしまう場合があります。数か月以内に使いきれるサイズのものを選ぶといいでしょう。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ