サプリメント最前線

ゴールデンタイムに摂取するプロテイン

ゴールデンタイムに摂取するプロテイン

筋肉が最も発達しやすいトレーニング直後のゴールデンタイム。そのときは食事を摂るのではなく、消化吸収されやすいプロテインを飲むこと。そうすることによって、筋肉に栄養を迅速に送り届けることができます。
ここで特にお勧めしたいのが「ペプチドタイプ」のプロテイン。普通のプロテインは肉や魚に比べれば消化は早いものの、アミノ酸が100個以上つながっている状態になっています。しかし、ペプチドタイプのプロテインはアミノ酸が数個~数十個だけつながっている「消化態」となっており、さらに消化吸収速度が早くなっているのです。

また、トレーニング直後は筋肉の分解が進んでいます。トレーニングに必要なエネルギーを得ようとして、筋肉からアミノ酸が取り出されてしまうのです。さらにトレーニングというストレスに対抗するため、さまざまな臓器がアミノ酸を必要とします。
トレーニングが終わって数時間に渡り、この状況が続きます。ここでアミノ酸が不足したままでいると、免疫が低下したり胃腸の調子が悪くなったりすることもあり得ます。ハードにトレーニングしていると風邪を引きやすくなるのは、こうした理由からきているのです。
さてこの時、特に必要とされるアミノ酸が「グルタミン」です。ですから、トレーニング直後にはグルタミンを摂取するようにしましょう。そうすれば筋肉の分解を防ぐことができ、免疫力の低下も防ぐことができます。
ゴールデンタイムにペプチドタイプのプロテイン、さらに追加でグルタミンを摂取することにより、トレーニング効果をさらに高めるとともに、体調を整えてコンディションを改善していくことができるはずです。

グルタミンが配合されたペプチドタイプのプロテイン「ホエイプロテインスーパープレミアム」

ホエイプロテインスーパープレミアム
ホエイプロテインスーパープレミアム

なお、トレーニング直後には炭水化物の必要量も急増します。基本的には水で混ぜて飲んでいただくのが手軽で経済的ではありますが、マルトデキストリンやブドウ糖などの粉末の炭水化物を混ぜ入れてもいいですし、バナナやブドウなどの消化が早い果物を食べるようにしてもいいでしょう。面倒でしたら、プロテインを100%ジュースに溶かして飲むという方法もあります。この場合、バニラやストロベリー風味のプロテインを選ぶと、美味しく飲むことができます。
また、パイナップルにはタンパク質の消化酵素が含まれますので、パイナップルジュースに溶かして飲むのも一つの方法です。

ペプチドタイプのプロテインは起床直後にも活躍します。就寝中は栄養を摂り入れることができませんので、体内の栄養レベルは起床直後に最低となっています。そのまま何も食べずにいると、エネルギーを取り出すために筋肉がどんどん分解されていってしまいます。「朝食抜き」がどれだけダメな行為であるか、もうお分かりですね。
さて、朝食を食べることによって体内の栄養レベルは徐々に回復していきますが、朝食を食べて消化されるまでの間も、少しずつ筋肉は分解されています。
できるだけ筋肉の分解を防ぎたいのでしたら、起床直後に消化吸収の早いペプチドタイプのプロテインを飲むという方法がお勧めです。起き出してすぐプロテインを飲み、迅速に体内に栄養を摂り入れましょう。そしてシャワーを浴びたり、出かける用意を済ませたりしてから朝食を食べるようにすれば、筋肉の分解を最小限に留めることができるわけです。
朝食を食べる時間がないという場合は、逆にプロテインを朝食にしてしまっても良いでしょう。まずはミキサーを用意。そしてプロテインとカットフルーツ、数個の氷を放り込み、適量の水を入れてシェイクするだけ。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

プロテインを使ってタンパク質を補給!

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ