サプリメント最前線

シーズン中のサプリメント活用法

シーズン中のサプリメント活用法

オフシーズンに培ってきた基礎体力。それをシーズン中もキープしていくためには「小分け食」が有効です。一日5~6回に分けて食事をすることにより、糖新生(※)を抑えて筋肉をケアし、またインスリンの分泌を安定させて体脂肪の増加を防ぐことができます。とはいえ忙しい毎日を送る中で、5回も6回も食べることはできないという方が大半でしょう。そこで以下のようなサプリメントを上手に活用することがお薦めです。
(※) 前号の記事参照

1.お菓子感覚で美味しく食べられる、栄養満点のミールバー 「Bar-X」
2.豊富な栄養が手軽に摂れるゼリー 「Jel-X」
3.粉末を溶かす手間を省いたプロテインドリンク 「Pro-X」



1.お菓子感覚で美味しく食べられる、栄養満点のミールバー 「Bar-X」

「スナック菓子にはろくに栄養が含まれず、身体にも悪い」というのが常識的な感覚でしょう。それは分かっていても、ついつい手を出してしまうのがスナック菓子の魔力というもの。
しかし逆に、「栄養満点で身体に良いスナック菓子」があったら、どうでしょうか。なんの罪悪感もなく、むしろ積極的に食べたいと思うはずです。

その夢を実現させたのが、ミールバー「Bar-X」です。
Bar-X
【ハイニュートリションバー】

Bar-Xには1本あたり15.6gのタンパク質が含まれ、さらに15種類のビタミン・ミネラルが配合されています。炭水化物や脂質は控えめに抑えているため、トータルのカロリーは214kcalに留まっていて、サクッとした食感のチョコバーとして普通に美味しく食べられます。ちょっと小腹の空いた時に食べるおにぎりやバナナなどの一般食品と比較しても、より豊富な栄養がぎゅっと詰まっています。

2.豊富な栄養が手軽に摂れるゼリー 「Jel-X」

夕食前にジムに寄ってトレーニング。そんなときに困るのが、「トレーニング前の栄養補給をどうするか」です。昼食を食べたのは5時間も前の話。空腹状態でトレーニングをしたら、糖新生が起こって筋肉が壊されてしまいます。とは言え、先に夕食を食べてしまっては、胃がもたれてトレーニングどころではありません。

そこで活躍するのがマルチニュートリションゼリー「Jel-X」です。
Jel-X
【マルチニュートリションゼリー】

20gのホエイプロテインに加え、9種類のビタミンとミネラルを配合。さらにトレーニング時のエネルギー源となる炭水化物を22gも摂取できます。しかも脂質が0gと優れモノです。仕事が終わったら、Jel-Xをグィッと飲み、そしてジムに向かいましょう。ゼリータイプですので消化の手間もかからず、胃もたれの心配ゼロでハードにトレーニングできます。

3.粉末を溶かす手間を省いたプロテインドリンク 「Pro-X」

トレーニング直後の30分以内は、筋肉が栄養をもっとも摂り込もうとする時間帯で「ゴールデンタイム」と呼ばれます。このタイミングで筋肉に栄養を送り込んであげることが重要です。そのため家に帰ってから食べるのではなく、できればジムにいる間にプロテインを飲み、同時に糖質を補給するようにしたいものです。
しかしそのためにはプロテインだけでなく、プロテインを溶かすシェイカーや水のボトル、その他にも糖質源となるバナナなどもジムに持っていく必要があります。それでは荷物がかさばってしかたありません。

そんな悩みを一挙に解決してくれるのが、溶かす必要のないReady to Drink「Pro-X」です。
Pro-X
【プロテインドリンク】

これ一本で30gのホエイプロテインを摂取することができ、味もアップル風味とマンゴー風味と2つのバリエーションがあります。シェイカーを洗う手間もないので、少ない荷物で気分よくジムを後にすることができます。

夜食の代わりにプロテインを飲んだり、朝食と昼食の間にBar-Xを食べたりなど、さまざまなバリエーションが考えられます。食事の代わりとなる便利なサプリメントを有効活用し、シーズン中もパフォーマンスを維持できるようにしましょう。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ