That's トレーニング

ベンチプレスのフォーム-Part 2

ベンチプレスのフォーム-Part 2

前回の記事でフロアプレスを紹介しましたが、これのバリエーションとして、特に競技パフォーマンスを高めたい方にとって有効なエクササイズがあります。
全身の爆発的なパワーを養うエクササイズとしてはパワークリーンが知られていますが、今回紹介するエクササイズはパワークリーンとは少々違った筋肉群を刺激し、また安全性も高く、フォームも習得しやすいといったメリットがあります。競技にたずさわる方はぜひ一度お試しになってください。

エクスプローシブ・フロアプレス スタートは普通のフロアプレスですが、挙げるときに一気に腰を浮かせ、それと同時にバーベルを爆発的に持ち上げるようにします。体軸がしっかり安定し、全身の力をバランスよく使わないと、上手く持ち上げることができません。
バーベルを下ろすときに、腰も一緒に下ろして床に付けるようにします。


ダンベル・フロアプレス ダンベルを使ってフロアプレスを行うこともできます。バーベルに比べ、バランスをとるのが難しいため、全身のコーディネーション養成のために有効なエクササイズとなります。これをエクスプローシブで行うこともできます。


スタートポジションに持っていく方法・・・ベリー トス(Belly Toss) フロアプレスを行うときに、一つ問題があります。それは、「どうやってスタートポジションに持ってくるか」。
パートナーにバーを渡してもらったり、ベンチやパワーラックなどを使ったりすることができれば話は簡単なのですが(写真参照)、それらができないとなると、かなり難儀してしまいます。そこで「ベリー トス(Belly Toss)」という方法を紹介しましょう。
Belly とは「腹部」の意味。まずはバーベルをセットし、身体をその下にねじ入れます。そしてちょうどバーの真下に腹部が来るようにして、バーベルを握ってください。これがスタートポジションです。
さて、そこから爆発的に腰を浮かせてバーベルを斜め上に持ち上げ、その動きとうまく連動させて、フロアプレスのスタートポジションに持って行くのです。これ自体が、全身の力を上手く使ってバランスを取りながら、しかも爆発的に力を発揮することのできるエクササイズとなります。


ベンチ台が無い頃は、全てのトレーニーがベンチプレスの代わりにフロアプレスを行っていました。ベンチ台の出現に伴って、だんだんフロアプレスは行われなくなってきましたが、フロアプレスにはこのようにベンチプレスには無いメリットがあるのです。
ジムで行うと奇異の眼で見られるかもしれませんが、興味のある方はぜひ試してみてください。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ