サプリメント最前線

ウォリアーの必要条件とは? ~強靭な肉体を作るサプリメントとは

ウォリアーの必要条件とは? ~強靭な肉体を作るサプリメントとは

ケガに負けない強靭な肉体に必要なものは何か。ここでいう肉体とは、すなわち骨と筋肉、そして結合組織(腱や靭帯、軟骨など)のことである。これらを構成する材料を十分に摂取することが、ケガ知らずの肉体を作るための第一歩となる。

私たちの肉体はDNAという設計図を元に作られている。しかし設計図はしっかりしていても、材料が不足していたらどうなるのか。それは最小限のボルトと釘を用い、ありあわせの建材で作った欠陥住宅のようなものだ。軽度な地震にも耐えられまい。

しかし、材料が十分にあったらどうだろう。それは耐震基準をしっかりと満たし、激しい地震が直撃しても容易には倒れないはずだ。

つまり強靭な肉体は、栄養条件を十分に満たしてこそ得られるのである。

◆「大工」に相当するプロテインとビタミン

設計図(DNA)と材料(栄養)だけでは、家を建てることはできない。「大工」が必要だ。そして人間にとって大工に相当するものは、「酵素」である。
酵素は「主酵素」と「補酵素」から構成されている。多くの場合、主酵素はたんぱく質で、補酵素はビタミンである。
つまり十分なたんぱく質とビタミンの存在は、腕のいい大工を雇うことに相当する。逆にたんぱく質とビタミンの不足は、腕の悪い大工に身体を任せるようなものだ。

ウォリアーにとって必要なたんぱく質は、1日に体重1kgあたり2g以上である。ビタミンB群やC、Eなどのビタミン類も、ウォリアーの要求する量は一般人より遥かに多い。食事を工夫してたんぱく質やビタミンを多めに摂取する努力は必要だが、ウォリアーはそれに加えてプロテインやビタミンを、サプリメントから摂取しなければならないのだ。

<

◆体内の鉄筋コンクリート

強度と耐久性の高さで知られる鉄筋コンクリート。それと同じような構造のものが、実は人体にも存在する。それが結合組織だ。具体的には鉄筋がコラーゲン、コンクリートがプロテオグリカンである。靭帯や腱、軟骨などの結合組織を強くするためには、コラーゲンとプロテオグリカンの材料を補給しておく必要がある。

コラーゲンはアミノ酸から構成されるたんぱく質であり、またコラーゲンの三つ編みのような構造を作るためにはビタミンCが必要とされる。ここでもやはりプロテインとビタミンの必要性が再認識された。

プロテオグリカンの材料となるのはグルコサミンやコンドロイチンなどのGAGであるが、食物でそれらを含むものとなると山芋、オクラ、カニ、エビなどに限られるため、食事だけから十分な量を摂取するのは難しい。できればサプリメントとしてGAGを摂取するようにしたい。

DNSのジョイント・スーパープレミアムには十分な量のグルコサミンとコンドロイチンの他、有機硫黄であるMSMが配合されている。GAGの多くは「硫酸」の形を取るのだが、MSMの硫黄が、硫酸の材料となるのである。

さらにMSMには細胞の浸透圧を調整して栄養素の取り込みを高めたり、神経のC線維を伝わる慢性的な痛みのインパルスを抑えて鎮痛作用を発揮したりする効果もある。

ジョイント・スーパープレミアムには特に軟骨に多く含まれるII型コラーゲンや、プロテオグリカンを一つの集合体の形にまとめあげているヒアルロン酸なども含まれ、強靭な関節を求めているウォリアーには欠かせないサプリメントだ。ケガに悩まされているウォリアーには、ぜひ試してもらいたい。









(前編を読む)



Text:
Mr.D
栄養・サプリメント・トレーニングについて、聞けば全てに答えを持っているウォリアー界の生き字引的存在。数々の有名選手のパフォーマンスアップの裏にもMr.Dの存在が...。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ