特集

俺はこれで、もっと強くなる。 SPが、フィジカルを進化させる。

俺はこれで、もっと強くなる。
SPが、フィジカルを進化させる。

ホエイプロテイン スーパープレミアム(SP)」が3月15日、ラインアップに返り咲いた。

ただし、以前と同じなのは名称だけ。
今回新登場するのは、中身はまったく異なる新商品だ。

「最も効率的に身体を作る」という1点に徹底フォーカス。
グルタミン、そしてHMBとアルギニン・シトルリンを加えた、DNSプロテインの最高峰銘柄である。

参考記事
3.15 あの逸品が、進化して帰ってくる。~ホエイプロテイン スーパープレミアム開発秘話。

前回の特集記事では開発者の声をお届けしたが、今回は、SPの再登場に大きな期待を寄せる、
2人のトップアスリートに語ってもらった。


「海外の選手よりも身体のことを考える。ウェイトをする。答えはシンプルです」
~山田章仁(ラグビー)

昨年開催されたラグビー・ワールドカップで活躍し、今年は世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」(SR)に参戦。

「サンウルブズ」のトライゲッターとして第3節で3トライを挙げ、今後も大いなる躍進が期待されるラグビー日本代表・山田章仁。

彼にとって、身体作りのため、栄養摂取にこだわるのは当然のことに過ぎない。

「世界で活躍する選手はトレーニングはもちろんのこと、栄養摂取についても情報収集と努力を欠かしません。体格で劣る僕ら日本人は、ただ彼らと同じことをしても追いつけない。トレーニングも栄養摂取も彼ら以上にやらないと、絶対に勝てない。

それは本当につらいことです。

でも、やる。やるしかない。やらなければ、世界の舞台に立つことすらできませんから。

とはいえ、すべきことはいたってシンプル。

彼らよりも熱心にトレーニングに取り組み、身体を作る。
そして、疲労からいち早く回復するために身体のケアをする。それだけです。

そのために欠かせないのは、必要な栄養を都度考えて摂ること。
でも実は、いろいろな種類のサプリメントを状況に合わせて摂るのが面倒だったり、
忙しくて考えて摂る時間がないこともあります。

身体作りに役立つ成分がまとめて入っていると便利ですし、それぞれの成分が相乗的に働いてくれたらうれしい。そして飲みやすければ、なおありがたい。

その点、SPは本当に優れていると思います。
ちなみに僕は、チョコレート風味がお気に入りです(笑)」

今年はSRに加え、7人制ラグビー日本代表の一員として出場するリオ五輪も控える。
SPはきっと、世界の檜舞台で戦う彼のパフォーマンスを支える強い味方になるはずだ。



ホエイSPで、僕はさらに進化する。アスリートとして、さらに上を目指す」
~栗原嵩(アメリカンフットボール)

次に語るのは、日本を代表するアメリカンフットボール選手(WR)であり、
パッケージのモデルも務める栗原嵩だ。

「もうすぐシーズンが始まりますが、今回のオフトレでは、今までとは少し違ったアプローチもしてみました。例年シーズンが終わると『寒いし、ゆっくりしたい』という気持ちが出てくるものですが、僕の場合、そんなことを考えているような状況じゃない。

自分を甘やかなさないためにも、別競技の選手の方達と一緒にトレーニングする"作戦"を取りました。

実は今回、短距離のオリンピック選手と一緒にトレーニングをしたのですが、とにかく速い...
まあ、当たり前なのですが(笑)。

とはいえ日本のアメフト選手の中に、自分より速い選手はいません。
そういう意味で、陸上短距離のオリンピック選手とトレーニングをしたことは、すごくいい刺激になりました。

また、身体のサイズもさらに大きくしていきたい。
ですから食事も考え、ボディビルダーが行うようなトレーニングもしています。他にもパワークリーンなど、爆発力を高めるトレーニングもガンガンに。

自分自身の経験から言うと、サイズアップしながらスピードを維持するのは十分可能です。僕の場合それどころか、体重が増えてもスピードは向上しました。

つまりスピードをつけるにも、そのエンジンとなる筋肉がしっかりなくてはいけない、ということでしょう。

今回のSPには、ものすごく期待しています。

成分を見ると、筋肉が付きそうな成分ばかり。特にHMBはこれまでそれほど意識して摂ったことがないので、どのような効果が出るのか、とても楽しみです。
それと味は、ヨーグルト風味が好きです。本当においしかったですね。




SPは今後さらにフィジカルのレベルを高めていきたい自分にとって、決して欠かせないものになりそうです。

パッケージにも使っていただいているので、決して半端では終われません(笑)。

アスリートとして、さらに上を目指していきます」




スピード、パワー、アジリティ、そしてサイズも重要な要素となるラグビーとアメリカンフットボール。
SPは今後、それぞれの第一線で活躍する山田、栗原両選手のパフォーマンスアップを支える、大切な存在となるだろう。

「プロテインはいろいろあるけれど、何を飲んだらいい?」

3月15日、その質問は愚問となった。

最上を求めるウォリアーが選ぶのは、SPだ。

【1食(34g)あたりの栄養価】
<チョコレート風味>
エネルギー 133kcal
たんぱく質 26.7g /脂質 1.7g
炭水化物 2.7g /食塩相当量 0.3g
たんぱく質(無水物換算値) 27.7g
HMB 1,500mg /グルタミン 5,000mg
シトルリン 500mg /アルギニン 500mg
ホエイプロテインSP

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop


【ウォリアーよ、「SPとともに」フィジカルを進化させろ。】

誇り高きウォリアー諸君は、「SP」を飲んで今後、どんな身体になりたいのか。
そして、何を達成したいのか。
それを、教えてほしい。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ