NEWS
Team DNS News

夢の9秒台、未踏の領域へ挑む-織田幹雄記念国際陸上競技大会

img_452.jpg
2013年4月28・29日に広島県で行われる『織田幹雄記念国際陸上競技大会』に、DNSのサプリメントを摂取し、DAH(DOME ATHLETE HOUSE)でのトレーニングを行う、山縣亮太選手(慶應義塾大学)・飯塚翔太選手(中央大学)が出場します。

1990年代以降、世界のトップスプリンター80人余りが9秒台を叩きだしているものの、日本人では伊藤浩司元選手(1998年12月)の10秒00という記録が最高で、誰ひとり9秒台に到達していません。

2013年4月、日本陸上界の夢である"100m9秒台"への、若き2人のスプリンターの挑戦に、皆さまご注目ください。


DAH×DNSで磨き上げられた肉体が未知へと挑む(左:飯塚選手 右:山縣選手)

◇大会詳細情報◇

開催日:2013年4月28(日)・29日(月・祝)
    ※両選手が出場する100mは29日
場 所:広島県(広域公園)

山縣 亮太(やまがた りょうた)
1992年生まれ。176cm。広島県出身。慶應義塾大学。自己ベスト100m:10秒07

飯塚 翔太(いいづか しょうた)
1991年生まれ。185cm。静岡県出身。中央大学。自己ベスト100m:10秒35