CONCEPT

人を進化させる。

人は進化への欲求を本能的に持っています。
自らを自らの力で進化させることによって、高い満足を得られ、豊かな人生を創造していくことが出来ます。
人が本能的に持つ「DESIRE TO EVOLUTION -進化への渇望-」を満たすことこそ、DNSの存在理由です。

試合でライバルに勝ちたい。
カッコいい身体になりたい。美しい自分を得たい。
仕事も遊びもバリバリ楽しめる人間になりたい。
精神的にタフになりたい。
日々成長する自分を楽しみたい。

DNSは、こうした"望む自分"への進化を導き、高いレベルで叶えることで、人々の豊かさを生み出していきたい。
DNSは、全てこの思いをもとに商品や情報を生み出しています。

DNSのこだわり

DNSの本質は、
"本物"を追求し、ブランドのコンセプトを実現しようとすることにあります。
それは、進化のために本当に必要なことは何か、ということでもあります。
DNSの商品一つ一つを生み出す背景、こだわりをご紹介させて頂きます。

1安全性・品質へのこだわり

DNSの商品は食品。口に入れるもの。そのため、その安全性と品質は絶対条件。
DNSの製品は、GMP(Good Manufacturing Practice)やHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)等、安全性や衛生面についての高度の品質管理基準に準拠した、国内の食品製造工場で製造されています。更にインフォームドチョイス(http://www.dnszone.jp/dns_tech/anti-doping.php)で認証されている製品に関しては、それらの基準に加えて、スポーツ界で禁止されている物質が混入しないように、アンチ・ドーピングに特化した厳しい条件に基づく審査をクリアした工場で製造され、第三者機関による、市場からの定期的な抜き打ち調査と、禁止物質の分析試験が継続的に行われています(分析結果はこちら。http://www.dnszone.jp/dns_tech/anti-doping-item.php)。DNSの製品は、このようにして万全の品質管理体制を取って作られている他、成長ホルモン剤を使用して生育された牛からのホエイ原料は使用しない、合成着色料も使わずに製造しております。
製造責任者は牧場から原料工場、加工工場、納品に至るまで全ての現場を確認し、DNSの独自ルールに基づきチェック、指導を行っています。

2ユーザー視点の商品づくり

DNSはスポーツアパレルUNDER ARMOUR(アンダーアーマー)を展開する株式会社ドームが運営しています。
そのため、社員の多くが元アスリートであり、DNSの創業以来、アスリートがアスリートのために開発してきた歴史を持っています。ユーザー視点で本当に必要な商品にこだわる姿勢、それは今も脈々と受け継がれています。
現在も、元アスリートで自ら日々トレーニングを行う社員が日々DNS商品を実際に使用しながら、ユーザーとして欲しい商品やサービスを開発。また、株式会社ドームが持つパフォーマンス養成機関 DAH(ドームアスリートハウス)と連携してトップアスリートの生の声を聞き、商品の開発や改良に反映。さらに自社運営サッカーチーム いわきFCを持ち、そこでの栄養介入と実証実験から得た知見を反映するなど、進化に向けて実践しているユーザーが求めるものを細部にまでこだわって開発を行っています。

3効果の高い商品づくり

DNSは世界最先端のスポーツ栄養学を取り入れています。その理由は、日本のスポーツ栄養学は欧米に比べてかなり遅れているからです。大学と研究チームを立ち上げ、国際スポーツ栄養学会やアメリカスポーツ医学会、カナダ栄養士会などの最新研究結果や、人間の身体で効果が実証されたエビデンスの高い研究結果を商品設計のベースにし、高い効果が出る商品づくりにこだわっています。
例えば、最先端のスポーツ栄養学(2018年国際スポーツ栄養学会)では、運動後のプロテインは体重1㎏当たり0.25-0.55g、あるいは20-40gが推奨されています。そこで、DNSのプロテインは体重1㎏あたり0.3gを目安量として推奨し、効果が得られる量をユーザーにお届けしようとしています。
世の中には有名だったり話題性の高い成分があります。ただ、そのことと実際の効果は別物です。効果に疑問がある成分は使用せず、科学的な根拠があり、高い効果を得られる成分、その必要量、相乗効果の得られる配合のもと、商品設計しています。

4継続できる商品づくり

ローマは一日にして成らず。
進化の実現には、継続が欠かせない。少なくとも数か月は続けることで目に見える大きな結果が得られます。そのため、継続しやすいことにこだわっています。
毎日続けても飲みやすい味の追求。例えば、プロテインにもかかわらず発泡感を感じるラムネ風味を日本で初めて展開しました。
また、水だけで飲める利便性、一回ですくえるスプーンなど、細部にまで継続しやすい商品づくりの工夫を行っています。