Base

身体の土台となる五大栄養素を補給するカテゴリー

ホエイプロテイン
スロー

ホエイプロテイン
スロー
Whey Protein
SLOW

ホエイプロテイン
スロー

購入はこちら

アンチドーピング分析結果

QUICK FACTS

こんな人にオススメ
・寝ている間も身体のケアをしたい人
主要成分
・ホエイたんぱく、カゼインたんぱく、ロイシン
特長
・長時間たんぱく質を補給できる
タイミング
・寝る前
・長時間栄養補給ができなくなる前
価格(たんぱく質1g当たり)
・7.8円(税込)
購入はこちら

一日をプロテインで締めくくる

身体を作るには、アミノ酸組成と速い吸収という面で、ホエイプロテインがよいといわれる。 しかし、その「速い吸収」が就寝前に摂るには"あだ"となる。
睡眠中は当然ながらたんぱく質の補給ができないので、身体作りにはマイナスの状態になってしまう。

そこで優れたアミノ酸組成を維持しつつ、ゆっくりとたんぱく質を補給できるプロテインが望まれる。

ホエイプロテイン スロー とは?

睡眠中のように長い時間にわたって栄養補給ができないシチュエーションはよくあるだろう。例えば、移動中、仕事中、会議中など。その時には持続的にたんぱく質を補給してくれる。

長時間吸収

ホエイプロテインとカゼインプロテインを配合することで、身体作りに適したアミノ酸組成を保ったまま、持続的にたんぱく質を補給することができる。

もっと知りたい人はこちら ↓


1日の終わりに

1日のなかで長時間にわたってたんぱく質の補給ができないタイミングの代表が就寝中。また、就寝中には様々なホルモンが分泌されることもあり、たんぱく質の補給には適しているといえる。寝ている間も成長に使えるということだ。

ロイシン500㎎

近年からだ作りの分野で注目されているロイシンは、ホエイには豊富に含まれているものの、カゼインには少ないといわれている。ホエイとカゼインのミックスの場合、どうしてもロイシンの割合が減ってしまうが、ロイシンを追加することで、ホエイ並みのアミノ酸組成となり、身体作りを効率よく進めてくれる。

お召し上がり方

SLOWは、水200mlに、添付のスプーンすりきり1杯(約33g)の割合で混ぜて飲むとおいしく召し上がれます。
※スプーンはパッケージ内に同梱されています。

推奨摂取量

国際スポーツ栄養学会の2018年のガイドラインに基づき、運動後のたんぱく質摂取量として1回当たり0.3g×体重(kg)を目安として推奨します。
体重80kgの方であれば、0.3g×80=24gとなります。

推奨タイミング

・寝る前
・長時間栄養補給ができなくなる前

特集

mb_proteinIndex.jpgsmart_proteinIndex.jpg