DNS ZONE

DNS ZONE

ベーシック

プロテイン
ホエイ100

プロテイン<br />
ホエイ100
Protein<br />
Whey 100

プロテイン
ホエイ100

購入はこちら

アンチドーピング分析結果

QUICK FACTS

こんな人にオススメ
・摂取量の多い人(部活生等)
・これからプロテインを摂る人
主要成分
・ホエイたんぱく
特長
・たんぱく質を大量に摂るための経済性、味
タイミング
・トレーニング/運動後30分以内
・寝る前
・間食
・朝の栄養補給
価格(たんぱく質1g当たり)
・6.7円(税込)
 ※プレミアムチョコレート風味(1,000g)の場合
NF_whey100_choco.jpg
購入はこちら

進化を叶えるホエイ100

カッコいい身体、競技での高いパフォーマンス、自らを自らの力で進化させることで、豊かな人生を創造していく。

その進化に「最も重要な」役割を果たすと言っても過言ではない栄養成分が「たんぱく質」。 ギリシャ語で「最も重要」という意味を持つ「プロテイオス」を語源に持つ「プロテイン」は、その日本語訳が「たんぱく質」であり、身体の様々な組織の材料となり、身体を機能させるという重要な役割を担っている。
たんぱく質の充足は、進化を求める我々にとって、必ず実現させるべき課題と言える。

安心してほしい。ホエイ100を手にすれば、あなたは、その課題を乗り越え、進化に向かって前進する。

脱プロテイン おいしさを妥協しない

進化のためには、プロテインをトレーニング前後の適切なタイミングで必要量を摂る必要がある。そして大事なのが、それを継続すること。継続のために重要なのは、そう、「味」だ。

DNSは、おいしさを決して妥協しない。キレのいい口当たりとしっかりした風味。でも「クドさ」は残らない。
だから毎日、清涼飲料水のようにぐびぐび飲める。

また、飽きずに飲み続けられるように、定番で全8種類(プレミアムチョコレート、いちごミルク、抹茶、トロピカルマンゴー、バナナオレ、リッチバニラ、レモン、カフェオレ)のフレーバーをそろえ、いずれの風味も「飲み物としておいしい」を目指して作った。

「まずいけど我慢」は、もう古い。
「まずくない」では、終わらせない。

ホエイ100がプロテインを飲むことを楽しみにして、進化を叶える。

身体作りに適したホエイたんぱく100%

ホエイ100の原料であるホエイたんぱくとは「乳清たんぱく」のこと。

すなわち、牛乳に含まれるたんぱく質のことだ。分子量が小さく、消化・吸収の早いことが、大きな特徴だ。DNSプロテインは、牧草を食べて育った健康な牛のグラスフェッド・ホエイを100%使用。国内の工場で、よけいな添加物や遺伝子組み換え作物や合成着色料をいっさい使わずにつくられている。

たんぱく質含有率の高いWPC(ホエイプロテインコンセントレート)を原料とし、身体作りに重要な必須アミノ酸をすべて含有。付属のスプーン1さじで24gと、十分な量のたんぱく質を摂れる。

もっと知りたい人はこちら ↓


水でおいしい

DNSプロテインの大きな特徴が、水でおいしく飲めること。

牛乳や豆乳に溶かす必要がないので、よけいな脂肪や炭水化物を摂取してしまうことはない。
水さえあればどこでも飲めるので、トレーニング前後のベストタイミングを逃すこともない。
もちろん水には溶けやすく、泡立ちも抑えられているので、ストレスなく最後まで飲める。

アンチドーピング認証

DNSはスポーツサプリメントメーカーとして、アンチ・ドーピングの精神に賛同。
2016年からは、英国LGC社が運営する「インフォームド・チョイス」というアンチ・ドーピング認証プログラムを取得している。そのため、あらゆるアスリートが安心して飲むことができる。

もっと知りたい人はこちら ↓


お召し上がり方

ホエイ100は、水200mlに、添付のスプーンすりきり1杯(約35g)の割合で混ぜて飲むとおいしく召し上がれます。
※スプーンはパッケージ内に同梱されています。

推奨摂取量

国際スポーツ栄養学会の2018年のガイドラインに基づき、運動後のたんぱく質摂取量として1回当たり0.3g×体重(kg)を目安として推奨します。
体重80kgの方であれば、0.3g×80=24gとなります。

推奨タイミング

・トレーニング/運動後30分以内
・寝る前
・間食
・朝の栄養補給

特集

mb_proteinIndex.jpgsmart_proteinIndex.jpg

ベーシック