DNS ZONE

DNS ZONE

体重・筋量UP

カラダをつくる! ~食事を補完するプロテインバー

カラダをつくる! ~食事を補完するプロテインバー

DESIRE TO EVOLUTION

体重・筋量UP

カラダをつくる! ~食事を補完するプロテインバー

カラダをつくる! ~食事を補完するプロテインバー

次のシーズンでは、今年以上のパフォーマンスを示したい。そのためには正しい食生活による栄養補給が必要だ。でも・・・

忙しい毎日を送る中、スーパーに寄って食材を買い出し、キッチンに立って調理をし、栄養バランスのとれた食事をとり、食器を洗って後片付け。そこまでできる人は、ごく一握りです。外食やコンビニ弁当で済ませるといっても、栄養バランスのとれたメニューは、なかなか見つかりません。

そんなときに便利なのが、ミールゼリーやプロテインバーです。ただし、これらは「食事の代わりになる」ものです。だから、五大栄養素がそれぞれ十分なだけの量を摂取できるものでなくてはいけません。プロテインバーと銘打って販売されているのに、数グラムしかたんぱく質が入っていないものもありますし、ビタミンやミネラルが全く配合されていないものもあります。もちろん、お菓子として食べるのならそれで良いのですが、食事の代わりとして食べるのでしたら、少なくともたんぱく質が15gは入っているものを選ぶようにしたいところです。

お勧めなのは、DNSの「Bar – X(バーエックス)」。1本で15g近いたんぱく質が摂取でき、ビタミンB群やビタミンC、カルシウムや鉄なども配合されています。味も非常においしくなっており、「チョコレート風味」と「抹茶風味」があって、飽きずに食べ続けることができます。

 

■プロテインバーの使い方

手軽に食べることができ、携帯性にも優れたプロテインバー。その利用方法をいくつか紹介しましょう。

・朝食の代わりに

眠い目をこすりながら朝食を作るのは面倒なものですし、忙しい朝には朝食を作ったり食べたりする時間が惜しいものです。

そんなときは、プロテインバーを朝食にしてみましょう。身支度しながら食べることもできますし、駅まで歩きながら食べることだってできます。さすがに満員電車の中で食べるのは、マナー違反かもしれませんが・・・

・間食として

チョコバーのような味のプロテインバーは、ちょっと小腹が空いたとき、オヤツ代わりに食べることもできます。味も楽しめ、お腹もふくらみ、十分に栄養を補給できる。余計なカロリーばかり摂取することになってしまうスナック菓子には、もう戻れません。 また、勤務中にプロテインをデスクの上でシェイクするのはちょっと・・・という場合でも、プロテインバーを食べるだけならば、それほど抵抗はないはずです。

・トレーニング前の軽食として

学校や会社を退出し、それからジムに行くというパターンの方も多いはずです。しかしそのリズムでは、昼食を食べてから運動するまでの間がかなり空いてしまうはず。空腹状態で運動すると、筋肉がエネルギーとして使われてしまうため、トレーニングの効果はガタ落ちです。

といって、食事を済ませてからジムに行くわけにもいきません。腹が膨れたままではロクにトレーニングできませんし、消化されていない状態では、まだ筋肉に栄養が行き渡っていないため、結局は筋肉が壊されてしまうのです。 しかし、トレーニング前にプロテインバーを食べて栄養補給することで、問題を解決することができます。プロテインバーは非常に消化が早く、迅速に筋肉にエネルギーを補給することができます。トレーニング中に胃がもたれることもありません。

手軽においしく、しかも安価に栄養補給できるプロテインバー。ポテトチップスを買う手を止めて、一度試してみませんか?

バーエックス

【1本(45g)あたり】エネルギー:214kcal、たんぱく質:15.6g、脂質:9.3g、炭水化物:17.1g、ナトリウム:167㎎(食塩相当量:0.4g)、ビタミンB1:0.2~0.7㎎、ビタミンB2:0.8㎎、ビタミンB6:0.7㎎、ナイアシン:12.1㎎、パントテン酸:2.8㎎、葉酸:144μg、ビタミンC:49㎎、カルシウム:347㎎、鉄:4.5㎎

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

 

【こちらもオススメ】

身体作りの進化系~ミールリプレイスメントという選択

身体作りの進化系~ミールリプレイスメントの効果的な使い方とは

身体作りの基本 ~「補食」の重要性

 

【もっとサプリメント最前線を読む】

カラダをつくる! ~オフシーズンの食事

カラダをつくる!  ~クレアチンの摂取方法

カラダをつくる! ~クレアチンの真実

身体を研ぎ澄ませ! ~プロテインパウダーの摂取方法

Q&A-Part4[プロテインとアミノ酸の関係について]

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ

次のシーズンでは、今年以上のパフォーマンスを示したい。そのためには正しい食生活による栄養補給が必要だ。でも・・・

忙しい毎日を送る中、スーパーに寄って食材を買い出し、キッチンに立って調理をし、栄養バランスのとれた食事をとり、食器を洗って後片付け。そこまでできる人は、ごく一握りです。外食やコンビニ弁当で済ませるといっても、栄養バランスのとれたメニューは、なかなか見つかりません。

そんなときに便利なのが、ミールゼリーやプロテインバーです。ただし、これらは「食事の代わりになる」ものです。だから、五大栄養素がそれぞれ十分なだけの量を摂取できるものでなくてはいけません。プロテインバーと銘打って販売されているのに、数グラムしかたんぱく質が入っていないものもありますし、ビタミンやミネラルが全く配合されていないものもあります。もちろん、お菓子として食べるのならそれで良いのですが、食事の代わりとして食べるのでしたら、少なくともたんぱく質が15gは入っているものを選ぶようにしたいところです。

お勧めなのは、DNSの「Bar – X(バーエックス)」。1本で15g近いたんぱく質が摂取でき、ビタミンB群やビタミンC、カルシウムや鉄なども配合されています。味も非常においしくなっており、「チョコレート風味」と「抹茶風味」があって、飽きずに食べ続けることができます。

 

■プロテインバーの使い方

手軽に食べることができ、携帯性にも優れたプロテインバー。その利用方法をいくつか紹介しましょう。

・朝食の代わりに

眠い目をこすりながら朝食を作るのは面倒なものですし、忙しい朝には朝食を作ったり食べたりする時間が惜しいものです。

そんなときは、プロテインバーを朝食にしてみましょう。身支度しながら食べることもできますし、駅まで歩きながら食べることだってできます。さすがに満員電車の中で食べるのは、マナー違反かもしれませんが・・・

・間食として

チョコバーのような味のプロテインバーは、ちょっと小腹が空いたとき、オヤツ代わりに食べることもできます。味も楽しめ、お腹もふくらみ、十分に栄養を補給できる。余計なカロリーばかり摂取することになってしまうスナック菓子には、もう戻れません。 また、勤務中にプロテインをデスクの上でシェイクするのはちょっと・・・という場合でも、プロテインバーを食べるだけならば、それほど抵抗はないはずです。

・トレーニング前の軽食として

学校や会社を退出し、それからジムに行くというパターンの方も多いはずです。しかしそのリズムでは、昼食を食べてから運動するまでの間がかなり空いてしまうはず。空腹状態で運動すると、筋肉がエネルギーとして使われてしまうため、トレーニングの効果はガタ落ちです。

といって、食事を済ませてからジムに行くわけにもいきません。腹が膨れたままではロクにトレーニングできませんし、消化されていない状態では、まだ筋肉に栄養が行き渡っていないため、結局は筋肉が壊されてしまうのです。 しかし、トレーニング前にプロテインバーを食べて栄養補給することで、問題を解決することができます。プロテインバーは非常に消化が早く、迅速に筋肉にエネルギーを補給することができます。トレーニング中に胃がもたれることもありません。

手軽においしく、しかも安価に栄養補給できるプロテインバー。ポテトチップスを買う手を止めて、一度試してみませんか?

バーエックス

【1本(45g)あたり】エネルギー:214kcal、たんぱく質:15.6g、脂質:9.3g、炭水化物:17.1g、ナトリウム:167㎎(食塩相当量:0.4g)、ビタミンB1:0.2~0.7㎎、ビタミンB2:0.8㎎、ビタミンB6:0.7㎎、ナイアシン:12.1㎎、パントテン酸:2.8㎎、葉酸:144μg、ビタミンC:49㎎、カルシウム:347㎎、鉄:4.5㎎

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

 

【こちらもオススメ】

身体作りの進化系~ミールリプレイスメントという選択

身体作りの進化系~ミールリプレイスメントの効果的な使い方とは

身体作りの基本 ~「補食」の重要性

 

【もっとサプリメント最前線を読む】

カラダをつくる! ~オフシーズンの食事

カラダをつくる!  ~クレアチンの摂取方法

カラダをつくる! ~クレアチンの真実

身体を研ぎ澄ませ! ~プロテインパウダーの摂取方法

Q&A-Part4[プロテインとアミノ酸の関係について]