DNS ZONE

DNS ZONE

競技パフォーマンスUP

クレアチンを使いこなせ!

クレアチンを使いこなせ!

DESIRE TO EVOLUTION

競技パフォーマンスUP

クレアチンを使いこなせ!

クレアチンを使いこなせ!

クレアチンの効果を実感するためには、一日に3~4g摂取する必要があります。しかし、食物からそれだけの量を摂取するためには、毎日1kg近くの肉を食べなければなりません。そこで、サプリメントとしてクレアチンを摂取する必要性が出てくるわけです。
このとき重要なのは、「しっかり吸収させること」。つまり、クレアチンを無駄なく吸収させるためには、次の3点がポイントとなります。

 

≪クレアチンの吸収を高めるために≫

・小分けにして摂取する
・糖質と一緒に摂取する
・できればαリポ酸を同時に摂取する

具体的には、1~2gのクレアチンを300ml程度の常温の水に溶かし、毎食後に摂取するようにします。それだけで、一日に3~6gのクレアチンを効率的に吸収させることができます。さらに効果を高めるには、一回あたり100~200mgのαリポ酸を一緒に飲むようにしてください。

 

クレアチン

【1食(5g)あたり】

エネルギー:18kcal、たんぱく質:4.4g、脂質:0g、炭水化物:0g、ナトリウム:0.4mg(食塩相当量:0.001g)、クレアチン・モノハイドレート:4.99g

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

クレアチンメガローディングα

【1食(7g)あたり】

エネルギー:24kcal、たんぱく質:5.0g、脂質:0.1g、炭水化物:1.1g、食塩相当量:0.002g、クレアチン・モノハイドレート:5.7g、α-リポ酸:100mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

 

【こちらもオススメ】

その名は「ホエイHC」。ホエイプロテインとHMBとクレアチン。あと1秒、あと1mへの渇望をリアルにする「パフォーマンス三銃士」。

さらにデカく、速く、そして強くなれ ~プロテインとクレアチン編(2)

進化し続けるために。プロテイン+クレアチン。 さらにデカく、さらに強く、さらに速くなれ。

 

【もっとサプリメント最前線を読む】

パフォーマンスを高めるクレアチン

「小分け食」のススメ

インスリンをコントロールしよう!

ゴールデンタイムに摂取するプロテイン

「ゴールデンタイム」に摂取する栄養素

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ

クレアチンの効果を実感するためには、一日に3~4g摂取する必要があります。しかし、食物からそれだけの量を摂取するためには、毎日1kg近くの肉を食べなければなりません。そこで、サプリメントとしてクレアチンを摂取する必要性が出てくるわけです。
このとき重要なのは、「しっかり吸収させること」。つまり、クレアチンを無駄なく吸収させるためには、次の3点がポイントとなります。

 

≪クレアチンの吸収を高めるために≫

・小分けにして摂取する
・糖質と一緒に摂取する
・できればαリポ酸を同時に摂取する

具体的には、1~2gのクレアチンを300ml程度の常温の水に溶かし、毎食後に摂取するようにします。それだけで、一日に3~6gのクレアチンを効率的に吸収させることができます。さらに効果を高めるには、一回あたり100~200mgのαリポ酸を一緒に飲むようにしてください。

 

クレアチン

【1食(5g)あたり】

エネルギー:18kcal、たんぱく質:4.4g、脂質:0g、炭水化物:0g、ナトリウム:0.4mg(食塩相当量:0.001g)、クレアチン・モノハイドレート:4.99g

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

クレアチンメガローディングα

【1食(7g)あたり】

エネルギー:24kcal、たんぱく質:5.0g、脂質:0.1g、炭水化物:1.1g、食塩相当量:0.002g、クレアチン・モノハイドレート:5.7g、α-リポ酸:100mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

 

【こちらもオススメ】

その名は「ホエイHC」。ホエイプロテインとHMBとクレアチン。あと1秒、あと1mへの渇望をリアルにする「パフォーマンス三銃士」。

さらにデカく、速く、そして強くなれ ~プロテインとクレアチン編(2)

進化し続けるために。プロテイン+クレアチン。 さらにデカく、さらに強く、さらに速くなれ。

 

【もっとサプリメント最前線を読む】

パフォーマンスを高めるクレアチン

「小分け食」のススメ

インスリンをコントロールしよう!

ゴールデンタイムに摂取するプロテイン

「ゴールデンタイム」に摂取する栄養素