DNS ZONE

DNS ZONE

体重・筋量UP

純粋な筋肉だけでバルクアップしろ ー後編ー

純粋な筋肉だけでバルクアップしろ ー後編ー

DESIRE TO EVOLUTION

体重・筋量UP

純粋な筋肉だけでバルクアップしろ ー後編ー

純粋な筋肉だけでバルクアップしろ ー後編ー

また「亜鉛」も摂取しておきたい。インスリンはα鎖(21個のアミノ酸)とβ鎖(30個のアミノ酸)の二つのペプチドから作られているのだが、亜鉛はその二つの鎖をつなげて安定させるときに必要とされる。亜鉛が不足するとインスリンが作られないわけだ。さらに亜鉛はmTOR活性化を引き起こす男性ホルモンや成長ホルモンの合成にも不可欠となる重要なミネラルである。
実際に亜鉛を摂取することによってIGF-1が増加したという報告(※1, ※2)や、インスリン抵抗性を改善できたという報告(※3, ※4)もある。特にハードにトレーニングするウォリアーは、汗からの亜鉛の流出が起こるため、普通の人よりも亜鉛の要求量が増えてくる。

そしてこれからの季節は、風邪を引いてしまいやすい。亜鉛が不足すると免疫細胞が減少し、免疫低下が起こることも分かっている。そのため、不足しないように留意したいものだ。亜鉛は肉や卵などに含まれるが、十分な量を食事だけから摂取するのは難しい。できれば「ミネラルSP」として亜鉛を摂取しよう。そうすれば、やはりウォリアーに不足しやすいマグネシウムも同時に摂取できる。

もう一つ、意外な栄養素を紹介しておこう。「グルタミン」である。グルタミンといえばアンチカタボリック効果、すなわち筋肉が減らないようにする作用で知られているアミノ酸であり、免疫増強効果も期待できる。
しかし、それだけではない。グルタミンには「脂肪細胞のインスリン感受性を下げる」作用も期待できるのだ。ラットの実験ではあるが、グルタミンを摂取することによって脂肪細胞のインスリン感受性が低下し、高脂肪食を行ったラットの体脂肪量が減ったのである。(※5)
同時に炎症性サイトカインであるTNF-αやインターロイキン6も低下しており、酸素消費量が増加している。

グルタミンの他の作用については、次の記事を参考にして欲しい。

強力な免疫を確保せよ! ~グルタミンの多彩な働き
http://www.dnszone.jp/magazine/2015/0225-001.php

αリポ酸と亜鉛、グルタミンをしっかり摂取しながら食事量を増やすことで、体脂肪を極力増やさずに純粋な筋肉だけでバルクアップできるはずだ。ただ食いまくるだけではなく、臨機応変にサプリメントを活用することで最大限の効果を得るようにしていきたい。

(おわり)

ミネラルスーパープレミアム

【1日12粒(6,948mg)あたり】

エネルギー:16kcal、たんぱく質:1.4g、脂質:0.2g、炭水化物:2.2g、食塩相当量:0.085g、カルシウム:820mg、マグネシウム:390mg、鉄:16.2mg、銅:2.88mg、亜鉛:30.6mg、マンガン:2.54mg、ヨウ素:152.9μg、セレン:61.1 μg、クロム:43.1μg、モリブデン:55.6μg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

グルタミン

【1回(5g)あたり】

エネルギー:20kcal、たんぱく質:5.0g、脂質:0g、炭水化物:0g、ナトリウム:0mg(食塩相当量:0g)、L-グルタミン:5,000mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

(前編を読む)
  • ※1:Short-term zinc supplementation in women withnon-insulin-dependent diabetes mellitus: effects on plasma 5′-nucleotidaseactivities, insulin-like growth factor I concentrations, and lipoproteinoxidation rates in vitro.
    Am J Clin Nutr.1997 Sep;66(3):639-42.
  • ※2:Zinc increases the effects of essential aminoacids-whey protein supplements in frail elderly.
    J Nutr Health Aging.2009 Jun;13(6):491-7.
  • ※3:Effect of zinc supplementation on insulinresistance and components of the metabolic syndrome in prepubertal obesechildren.
    Hormones (Athens).2009 Oct-Dec;8(4):279-85.
  • ※4:Effect of zinc supplementation on markers ofinsulin resistance, oxidative stress, and inflammation among prepubescentchildren with metabolic syndrome.
    Metab Syndr Relat Disord.2010 Dec;8(6):505-10. doi: 10.1089/met.2010.0020. Epub 2010 Oct 28.
  • ※5:L-glutamine supplementation induces insulin resistance in adipose tissue and improves insulin signalling in liver and muscle of rats with diet-induced obesity.
    Diabetologia. 2007Sep;50(9):1949-59. Epub 2007 Jun 29.

 

【こちらもオススメ】

ワタシを高める栄養素 ~ミネラルとたんぱく質~

今こそ基本に立ち返れ。~たんぱく質とビタミン・ミネラルの重要性(ビタミン・ミネラル編)

オレのグルタミン ~サプリメント界のアンサング・ヒーロー

 

【もっとサプリメント最前線を読む】

HMBとは何か? ー後編ー

HMBとは何か? ー前編ー

イオンの力で夏を乗り切れ ー後編ー

イオンの力で夏を乗り切れ ー前編ー

適切な糖質制限で絞り切れ ー後編ー

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ

また「亜鉛」も摂取しておきたい。インスリンはα鎖(21個のアミノ酸)とβ鎖(30個のアミノ酸)の二つのペプチドから作られているのだが、亜鉛はその二つの鎖をつなげて安定させるときに必要とされる。亜鉛が不足するとインスリンが作られないわけだ。さらに亜鉛はmTOR活性化を引き起こす男性ホルモンや成長ホルモンの合成にも不可欠となる重要なミネラルである。
実際に亜鉛を摂取することによってIGF-1が増加したという報告(※1, ※2)や、インスリン抵抗性を改善できたという報告(※3, ※4)もある。特にハードにトレーニングするウォリアーは、汗からの亜鉛の流出が起こるため、普通の人よりも亜鉛の要求量が増えてくる。

そしてこれからの季節は、風邪を引いてしまいやすい。亜鉛が不足すると免疫細胞が減少し、免疫低下が起こることも分かっている。そのため、不足しないように留意したいものだ。亜鉛は肉や卵などに含まれるが、十分な量を食事だけから摂取するのは難しい。できれば「ミネラルSP」として亜鉛を摂取しよう。そうすれば、やはりウォリアーに不足しやすいマグネシウムも同時に摂取できる。

もう一つ、意外な栄養素を紹介しておこう。「グルタミン」である。グルタミンといえばアンチカタボリック効果、すなわち筋肉が減らないようにする作用で知られているアミノ酸であり、免疫増強効果も期待できる。
しかし、それだけではない。グルタミンには「脂肪細胞のインスリン感受性を下げる」作用も期待できるのだ。ラットの実験ではあるが、グルタミンを摂取することによって脂肪細胞のインスリン感受性が低下し、高脂肪食を行ったラットの体脂肪量が減ったのである。(※5)
同時に炎症性サイトカインであるTNF-αやインターロイキン6も低下しており、酸素消費量が増加している。

グルタミンの他の作用については、次の記事を参考にして欲しい。

強力な免疫を確保せよ! ~グルタミンの多彩な働き
http://www.dnszone.jp/magazine/2015/0225-001.php

αリポ酸と亜鉛、グルタミンをしっかり摂取しながら食事量を増やすことで、体脂肪を極力増やさずに純粋な筋肉だけでバルクアップできるはずだ。ただ食いまくるだけではなく、臨機応変にサプリメントを活用することで最大限の効果を得るようにしていきたい。

(おわり)

ミネラルスーパープレミアム

【1日12粒(6,948mg)あたり】

エネルギー:16kcal、たんぱく質:1.4g、脂質:0.2g、炭水化物:2.2g、食塩相当量:0.085g、カルシウム:820mg、マグネシウム:390mg、鉄:16.2mg、銅:2.88mg、亜鉛:30.6mg、マンガン:2.54mg、ヨウ素:152.9μg、セレン:61.1 μg、クロム:43.1μg、モリブデン:55.6μg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

グルタミン

【1回(5g)あたり】

エネルギー:20kcal、たんぱく質:5.0g、脂質:0g、炭水化物:0g、ナトリウム:0mg(食塩相当量:0g)、L-グルタミン:5,000mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

(前編を読む)
  • ※1:Short-term zinc supplementation in women withnon-insulin-dependent diabetes mellitus: effects on plasma 5′-nucleotidaseactivities, insulin-like growth factor I concentrations, and lipoproteinoxidation rates in vitro.
    Am J Clin Nutr.1997 Sep;66(3):639-42.
  • ※2:Zinc increases the effects of essential aminoacids-whey protein supplements in frail elderly.
    J Nutr Health Aging.2009 Jun;13(6):491-7.
  • ※3:Effect of zinc supplementation on insulinresistance and components of the metabolic syndrome in prepubertal obesechildren.
    Hormones (Athens).2009 Oct-Dec;8(4):279-85.
  • ※4:Effect of zinc supplementation on markers ofinsulin resistance, oxidative stress, and inflammation among prepubescentchildren with metabolic syndrome.
    Metab Syndr Relat Disord.2010 Dec;8(6):505-10. doi: 10.1089/met.2010.0020. Epub 2010 Oct 28.
  • ※5:L-glutamine supplementation induces insulin resistance in adipose tissue and improves insulin signalling in liver and muscle of rats with diet-induced obesity.
    Diabetologia. 2007Sep;50(9):1949-59. Epub 2007 Jun 29.

 

【こちらもオススメ】

ワタシを高める栄養素 ~ミネラルとたんぱく質~

今こそ基本に立ち返れ。~たんぱく質とビタミン・ミネラルの重要性(ビタミン・ミネラル編)

オレのグルタミン ~サプリメント界のアンサング・ヒーロー

 

【もっとサプリメント最前線を読む】

HMBとは何か? ー後編ー

HMBとは何か? ー前編ー

イオンの力で夏を乗り切れ ー後編ー

イオンの力で夏を乗り切れ ー前編ー

適切な糖質制限で絞り切れ ー後編ー