サプリメント最前線

暑さ対策を万全にしろ!ー前編ー

暑さ対策を万全にしろ!ー前編ー

暑さ対策を万全にしろ!

もはや熱帯地域と言っても過言ではない日本。しかしオリンピックも含め、酷暑の時季こそ多くのスポーツはシーズン真っ盛りとなる。暑さに体力を奪われることなく、高いパフォーマンスを夏季の間ずっと維持していくためには、どうすればいいのだろうか。


◆まずは水分補給から

ウォリアーの肉体の機能は「酵素」の働きによって保たれている。エネルギーを作ったり、酸素や栄養素を運んだり、筋肉を増やしたり、食べたものを消化したり、といった生命活動のことを「代謝」と呼ぶが、酵素があってこそ代謝は行われる。

酵素はタンパク質であり、その活動における至適温度がある。具体的には37℃前後だ。つまりウォームアップで体温を少し高めるのは、酵素活性を活発にする意味がある。しかし酷暑によって37℃を超えて体温が上がってしまうと、逆に酵素が働きにくくなる。するとエネルギーも作られないし、集中力も落ちる。そして、パフォーマンスが低下する。

そのため、暑いときは体温を下げようとして、体外に熱を放散させる働きがある。熱を放散させるシステムとしては、「汗を出し、その気化熱によって体内の熱を逃がして体温を下げる」という方法が最も有効だ。他にも、血管を広げて血流をよくすることによって熱を放出する、という働きもある。

〇水分補給に加えて電解質の補給を

水分摂取が足りなければ、汗をかくことができない。具体的には、どれぐらいの水分を摂取すればいいのだろうか。ここで、日本体育協会による水分補給量の目安を紹介しておこう。この図からわかる通り、運動前にもある程度の水分を摂取しておき、体内に水分を満たしておくことが重要である。

なお、汗をかくと失われるのは水分だけではない。同時に電解質も失われる。では電解質が失われると、どうなるのか。

ウォリアーの肉体は、常に一定の電解質濃度を保つようにできている。しかし電解質が失われると濃度が薄くなる。すると濃度を元に戻すために、水分を排出する働きが起こる。これを「自発的脱水」と呼ぶ。

運動中に「水だけ」を飲んだ場合も、やはり体液は薄まり、電解質濃度は薄くなる。このときも汗や尿から水分を排出することによって、体液の濃度を高くしようとする働きが起こってしまう。だから運動中は水だけでなく、電解質も補給しなければならないのである。

そのため、特に汗で流出しやすいナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどを配合した「DNSイオンチャージ」を摂取するという解決策を提示したい。「DNS イオンチャージ」には他にも、ビタミンB群とビタミンCを配合しており、9粒飲むだけでフルマラソン1回分に相当するミネラルが補給可能となっている。

運動強度 水分摂取量の目安
運動の種類 運動強度
(最大強度の%)
持続時間 競技前 競技中
トラック競技
バスケットサッカーなど
75~100% 1時間以内 250~500ml 500~1000ml
マラソン
野球など
50~90% 1~3時間 250~500ml 500~1000ml/1時間
ウルトラマラソン
トライアスロン
など
50~70% 3時間以上 250~500ml 500~1000ml/1時間
必ず塩分を補給
イオンチャージ

イオンチャージ

【9粒(9g)あたり】
エネルギー:27kcal、たんぱく質:0g、脂質:0.3g、炭水化物:6.3g、食塩相当量:1.6g、カリウム:102mg、カルシウム:71mg、マグネシウム:45mg、ビタミンC:96mg、ビタミンB1:1.0mg、ビタミンB2:1.0mg、ビタミンB6:1.0mg、ナイアシン:9.6mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ