サプリメント最前線

暑さ対策を万全にしろ!ー後編ー

暑さ対策を万全にしろ!ー後編ー

◆夏バテ予防に食欲をキープしろ!

夏バテによる症状の最たるものが、食欲の減退だろう。夏に食欲が減退する理由は何か。塩分の不足である。

汗をかくと塩分が体外に出てしまう。しかし胃酸の主成分は塩酸であり、塩酸は塩分を材料に作られる。つまり汗で塩分が不足し、胃酸ができなくなることで消化が悪くなる。その結果、食欲が減退してしまうのである。

食欲が落ちたり、消化が悪くなったことを感じたら、梅干しを食べたり、味噌汁などを多めに飲むようにすることで、塩分を積極的に摂るといいだろう。

また辛いものも有効だ。熱帯地域では辛いものをよく食べるが、これは食物の保存性を高めると同時に胃酸の分泌を高め、食欲を増やすという効果もある。カレーやキムチ、アラビアータなど辛いものを食卓に取り上げるのもいいだろう。

◆疲労回復にビタミンを

また水溶性ビタミンであるビタミンB群やビタミンCも、汗で流れ出てしまう。ビタミンB群は炭水化物や脂肪をエネルギーに変換するときに必要とされたり、アミノ酸を利用するときに使われたり、ヘモグロビンの材料になったりする働きを持つ。ビタミンCは免疫力をキープしたり、コラーゲンを合成したり、筋肉を分解するホルモンをブロックしたりする作用がある。

汗を大量にかいてこれらのビタミンが足りなくなってしまうと、代謝がスムーズに行われなくなる。するとエネルギー不足や貧血、ケガ、夏風邪、筋肉量の低下などが起こってしまうのだ。

では、食事をしっかり考えればビタミンは摂れるのか? 実はそうでもない。一つの例として、ビタミンB1を例に考えてみよう。厚生労働省の指針によれば、ビタミンB1の推奨摂取量(18~49歳の男性)は1日1.4mgである。しかし平成25年の国民健康・栄養調査では、1日の平均摂取量は0.93mgでしかない。食事から十分なビタミンB1を摂取するのは難しいことがよくわかる。

もちろんエネルギーを大量に必要とし、しかも汗で流出させてしまう機会が多いウォリアーの場合、1.4mgでもぜんぜん足りない。さて、これは食事をしっかり考えれば対処できるレベルであろうか?

ビタミンB1に耐容上限量(副作用の出る量)は設定されていない。つまりかなり大量に摂取しても問題はないということだ。ビタミンB群、そしてビタミンCなどの水溶性ビタミンは、大量摂取しても余剰分は尿から排出されてしまう。そのため、副作用の心配はまったく必要ないのである。

そこでぜひ使いたいのが、DNSのビタミンスーパープレミアムである。ビタミンスーパープレミアムは、ウォリアーのためにデザインされたマルチビタミンサプリメントだ。十分な量のビタミンB群とビタミンCを含む本格派ビタミンミックス。夏季だけと言わず、1年を通して摂取しておきたいサプリメントである。

ビタミン スーパープレミアム

ビタミン スーパープレミアム

【1日分(12粒)あたり】
エネルギー:28kcal、たんぱく質:2.8g、脂質:1.3g、炭水化物:1.3g、食塩相当量:0.005g、ビタミンA:300μg、ビタミンB1:50mg、ビタミンB2:25mg、ビタミンB6:30mg、ビタミンB12:100μg、ナイアシン:30mg、パントテン酸:90mg、ビタミンC:1,000mg、ビタミンD:7.0μg、ビタミンE:400mg、葉酸:400μg、β-カロテン10,000μg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

◆ストレスから身体を護れ!

夏バテの影響として、「ストレス」も考慮しなければならない。体調が悪くても試合では結果を出さねばならないし、トレーニングも続ける必要がある。このようなときはストレスが強くかかり、フィジカルにもメンタルにも悪影響を及ぼしてしまう。

ストレスを受けると、「アドレナリン」や「コルチゾル」「グルカゴン」などのホルモンが分泌される。これらの主な働きは、血糖値を高めること。他にも血圧を高めたり、炎症を抑えたりすることで、ストレスに対抗する働きも担っている。

しかし問題がある。血糖値を高めるとき、筋肉が材料となって分解されてしまうのだ。筋肉に含まれるアミノ酸が、血糖(血液中のブドウ糖)を増やすために必要とされるのである。

このとき筋肉から取り出されるアミノ酸が、「グルタミン」だ。その対策として、グルタミンを外部から摂取してみよう。そうすれば筋肉からグルタミンを取り出す必要がなくなり、筋肉の分解も防ぐことができるわけだ。

なおストレスを受けていないときにも、体内のタンパク質は常に分解されている。これは「オートファジー」や「ユビキチン・プロテアソーム系」と呼ばれ、不用なタンパク質をエネルギーに変えたり、新品のタンパク質に入れ替えたりする働きを持つ。

残念ながら、ウォリアーが増やした筋肉は、"生命を維持するため"には不用である。そのため、これらによって分解されてしまう宿命を常に負っている。だからといって、筋肉が分解されるままにしておくわけにはいかない。ウォリアーはオートファジーやユビキチン・プロテアソーム系から筋肉を守らねばならない。

そこで有効となるのが「HMB」である。アミノ酸のロイシンの代謝物質であるHMBは、これらの系による分解の危機から筋肉を護ってくれるのである。

こうしてグルタミンとHMBは筋肉を守ってくれる。そしてもう一つ「吸収の早い糖質」を忘れてはならない。マルトデキストリンのように吸収の早い糖質が適切なタイミングで摂取され、血糖値が安定すれば、ストレスホルモンによる筋肉の分解が起こりにくくなる。
また吸収の早い糖質はインスリンの分泌も刺激する。インスリンが分泌されることにより、オートファジーやユビキチン・プロテアソーム系をブロックできるのだ。

ここでお勧めしたいのがDNSの「R4」だ。グリコーゲンの回復を促進するマルトデキストリンと、筋肉の分解を防ぐグルタミン、そしてHMB。これらを全て含有しているのが、「R4」である。「R4」には血管を広げて栄養素のデリバリーを効率的にしてくれるアルギニンやシトルリンも含まれており、アスリートのリカバリー能力を最大限に高めてくれるはずだ。

今回は、酷暑の夏を乗り切るための対策を紹介した。ぜひ実行し、夏バテに悩むライバルたちに差をつけてほしい。

R4 アルティメット リカバリー アドバンテージ

R4 アルティメット リカバリー アドバンテージ

【1食(45g)あたり】
エネルギー:167kcal、たんぱく質:6.1g、脂質:0g、炭水化物:36.6g、ナトリウム:0mg(食塩相当量:0g)、グルタミン:5,000mg、HMB:1,500mg、シトルリン:500mg、アルギニン:500mg、マルトデキストリン:36g

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ