サプリメント最前線

プロテインに追加しろ ー試合後編ー

プロテインに追加しろ ー試合後編ー

■ NOブースターを追加しろ!

パフォーマンスを高める際に重要となるのが「血流」である。血流が良ければ良いほど酸素や栄養素の運搬、疲労物質の排出などがスムーズになり、持久力も回復力も高まるはずだ。

血管が広がるほど、血流は良くなる。そして体内には自然に存在する血管拡張物質がある。それを一酸化窒素(NO)と呼ぶ。NOは血管拡張のほかに血小板凝集抑制作用や神経伝達などにおける情報伝達作用、殺菌作用などの働きを持っている。

NO(一酸化窒素)はアルギニンを材料として作られる。つまりアルギニンを摂取することで、NOの産生を高めることができるのだ。実際にアルギニンを摂取することで酸素や栄養素の運搬がスムーズになり、持久力が向上したという報告がある(※7, ※8, ※9)。また12名の男性テコンドー選手を対象にした研究や、22名の男女ハンドボール選手を対象にした研究では、BCAAとアルギニンを同時に摂取したところ、非摂取群と比較して顕著にスプリントパフォーマンスの改善や、中枢性疲労が軽減されたという報告もある(※10, ※11)。

ただしアルギニンはアルカリが強い。そのためアルギニンだけを大量に摂取すると、胸やけを起こしたり、消化不良が起こったりする可能性がある。

そこで併用したいのが「シトルリン」だ。シトルリンは体内で尿素サイクルにより、アルギニンに容易に変換される。1回に750mgのシトルリンを1日2回摂取することによって、体内のアルギニンレベルを十分に高めることができている(※12)。アルギニンとシトルリンの両方を摂取すれば、アルギニンのアルカリ性は抑えられ、また「シトルリン→アルギニン」となることによるタイムリリース効果も期待できるだろう。

ただし、アルギニンやシトルリンの血中濃度が十分に高まり、効果をもたらすまでには30~60分かかる。そのため、NOブースターは試合の30~60分ほど前に飲むようにするといいだろう。もちろん試合時だけでなく、普通のトレーニングのときに使っても差し支えない。これまでのトレーニングとはまったく違ったパンプ感や疲労の減少が感じられるはずだ。NOブースターによる未体験のゾーンを、ぜひ体感してほしい。








(前編を読む)



  • ※1:'Serotonin spillover onto the axon initial segment of motoneurons induces central fatigue by inhibiting action potential initiation'.
    DOI: 10.1073 PNAS article #: 201216150.
  • ※2:Brain serotonincontent: physiological regulation by plasma neutral amino
    acids. Science, 178, 414-416.
  • ※3:Pre-exercise branched-chain amino acid administration increases endurance performance in rats.
    Med Sci Sports Exerc. 1997 Sep;29(9):1182-6.
  • ※4:Effects of carbohydrates-BCAAs-caffeine ingestion on performance and neuromuscular function during a 2-h treadmill run: a randomized, double-blind, cross-over placebo-controlled study.
    J Int Soc Sports Nutr. 2011 Dec 7;8:22. doi: 10.1186/1550-2783-8-22.
  • ※5:Effect of BCAA intake during endurance exercises on fatigue substances, muscle damage substances, and energy metabolism substances.
    J Exerc Nutrition Biochem. 2013 Dec;17(4):169-80. doi: 10.5717/jenb.2013.17.4.169. Epub 2013 Nov 28.
  • ※6:Branched-chain amino acids supplementation enhances exercise capacity and lipid oxidation during endurance exercise after muscle glycogen depletion.
    J Sports Med Phys Fitness. 2011 Mar;51(1):82-8.
  • ※7:Effects of oral supplementation of L-arginine in the treatment of pulmonary hypertension secondary to pulmonary embolism: a case report.
    Fukushima J Med Sci. 2010 Dec;56(2):135-8.
  • ※8:L-arginine supplementation prolongs exercise capacity in congestive heart failure.
    Kardiol Pol. 2004 Apr;60(4):348-53.
  • ※9:L-Arginine Affects Aerobic Capacity and Muscle Metabolism in MELAS (Mitochondrial Encephalomyopathy, Lactic Acidosis and Stroke-Like Episodes) Syndrome.
    PLoS One. 2015 May 20;10(5):e0127066. doi: 10.1371/journal.pone.0127066. eCollection 2015.
  • ※10:Branched-chain amino acids, arginine, citrulline alleviate central fatigue after 3 simulated matches in taekwondo athletes: a randomized controlled trial.
    J Int Soc Sports Nutr. 2016 Jul 13;13:28. doi: 10.1186/s12970-016-0140-0. eCollection 2016.
  • ※11:Branched-chain amino acids and arginine improve performance in two consecutive days of simulated handball games in male and female athletes: a randomized trial.
    PLoS One. 2015 Mar 24;10(3):e0121866. doi: 10.1371/journal.pone.0121866. eCollection 2015.
  • ※12:Pharmacokinetic and pharmacodynamic properties of oral L-citrulline and L-arginine: impact on nitric oxide metabolism.
    British Journal of Clinical Pharmacology, 65(1):51-9, 2008.
Share
twitter
facebook
印刷用ページへ