女性のための食×カラダ

たんぱく質の重要性 ~効率よく体内へ~

たんぱく質の重要性 ~効率よく体内へ~

◆ビタミンが必要

健康的で美しいカラダをつくるためには、たんぱく質を摂ることが大切。

しかし、たんぱく質をしっかりと摂っていても、カラダの中でうまく消化・吸収されなければ、筋肉もうまく作られません。

必要な栄養素を効率よく体内に取り込むためには、様々なビタミンが必要です。

たんぱく質の吸収を助ける

たんぱく質は20種類のアミノ酸がペプチド結合したものであり、カラダの中でアミノ酸やペプチドに消化・吸収されます。この時に働くのが、ビタミンB6です。

アミノ酸は、運動時にはエネルギー源として働いてくれたり、体タンパクをつくる重要な材料。つまり、ビタミンB6が足りないと、食事でたんぱく質を摂っていたとしても、うまくアミノ酸としてカラダの中に吸収されません。

ビタミンB6はカツオやマグロなどの青魚、レバー、肉、バナナなどに多く含まれています。

トレーニングの効果を高める

カラダづくりのためにトレーニングをしている人も多いはず。

トレーニングをしっかりやって、毎日疲れてヘトヘト、翌日まで疲労が残る・・・。こういった生活バランスでは、せっかくのトレーニング効果も十分期待できません。トレーニングを行った後、疲労を溜めにくくすること、つまり回復を早くする心がけが大切です。

疲労を軽減させるには?「エネルギーを十分に摂ること」が大切。そのために、エネルギーをつくり出す糖質・たんぱく質・脂質の「エネルギー産生栄養素」を摂る必要があります。

糖質はご飯やパン、麺類や果物など。ただし、糖質源を食べればそれで良い、というわけではないのです。先述のたんぱく質と同様、糖質をエネルギーに換えるとき、ビタミンB1が必要になります。ビタミンB1は豚肉やうなぎ、鮭、大豆、玄米などに多く含まれています。

脂質のビタミンB2が必要。ビタミンB2が足りないと、脂質をエネルギーとして使うことが出来ず、体脂肪として蓄えられます。
また、酸素を運搬するのにヘモグロビンが必要になります。ヘモグロビンを体内のさまざまな場所に運搬するのが赤血球の役割。赤血球を合成するためには、ビタミンB12が欠かせないのです。

ビタミンB群は、カラダ作りのためには必要不可欠なビタミンなのです。

◆コラーゲンの生成を高める

美しさとの関係も深いたんぱく質。肌や身体に関わるコラーゲンはたんぱく質の一種であり、肌だけでなく骨や血管にも含まれていて、骨を強くしてくれる働きや臓器を保つ役割をしています。

体内に吸収されたアミノ酸から、コラーゲンをつくり出すときに必要になるのが、ビタミンCと鉄。ハリやツヤのある肌のためにも、たんぱく質+ビタミンが必要なのです。

ビタミンCは果物や野菜に多く含まれ、イチゴやラズベリーなどのベリー類、グレーフルーツやオレンジなどの柑橘類で手軽に摂ることが出来ます。

ビタミンをプラスしよう

つまり、健康で美しいカラダをつくるためには、微量ながらも様々なビタミンを摂ることが大切。

日頃の食事で抗酸化作用の多い野菜を摂る、朝食にフルーツをつける、野菜ジュースやスムージーも栄養価が高くオススメです。

時間がなくゆっくり食事が摂れないときや、外食が続く日などはサプリメントを利用することも一つ。生活リズムに合わせてうまく摂り入れていきましょう。

ビタミン スーパープレミアム

【1日3粒(1,647mg)あたり】
エネルギー:6.8kcal、たんぱく質:0.35g、脂質:0.11g、炭水化物:1.1g、食塩相当量:0.0024g、ナイアシン:16.2mg、パントテン酸:47.8mg、ビタミンA:947.8μg、ビタミンD:22.4μg、ビタミンE:25.4mg、ビタミンK:191μg、ビタミンB1:0.82mg、ビタミンB2:0.99mg、ビタミンB6:1.01mg、ビタミンB12:2.3μg、葉酸:378.8μg、ビタミンC:506mg、β-カロテン:947μg

詳しい情報・ご購入はこちらから



あなたのお悩みにDNS栄養士がマンツーマンでサポートします

N.GYM(ZONETOP).jpg
Share
twitter
facebook
印刷用ページへ