女性のための食×カラダ

 Vol.9 効率よく脂肪を燃やす~バーニングSPの活用~

Vol.9 効率よく脂肪を燃やす~バーニングSPの活用~

寒くて身体を動かすのが億劫になるこの季節。せっかくであれば、一度の運動でたくさんエネルギーを消費し、余計な脂肪を燃焼させることが出来れば効率的です。

今回は、脂質を上手に燃やすためのコツをお伝え致します。

◆運動時のエネルギー源:糖と脂肪

 私たちが運動をする時のエネルギー源は、主に糖と脂肪です。糖は、グリコーゲンとして筋肉や肝臓に、脂肪は、体脂肪として皮下や内臓の周りに蓄えられています。

 運動する際に糖と脂肪のどちらがエネルギー源として利用されるかは、その運動の強度によって決定されます。 脂肪をエネルギー源として使いやすい運動は?ウォーキングや軽いジョギング程度の運動が効果的です。一方、100mダッシュのような激しい運動では糖質が利用されます。 このように、強度によって主なエネルギー源となるものが異なるため、脂肪をエネルギー源として多く使う運動をすることで、余計な体脂肪を落とすことに繋がります。

◆脂肪を効率よくエネルギーに

 運動の強度と合わせて、より効率よく脂肪をエネルギーに変えることが出来れば、体脂肪も上手に落ちるはず。そのためには脂肪の代謝に関わる栄養素が摂れているかどうかがポイントです。私たちのカラダでは、エネルギーを生み出すときミトコンドリアと呼ばれる細胞小器官で、糖や脂肪がエネルギーに変わります。
この時に活躍するのが、カルニチンとCoQ10です。この2つの栄養素は、年齢と共に失いがち。代謝を維持するためにも、意識して摂りたい栄養素なのです。

カルニチン

 私たちのカラダに存在する非必須アミノ酸の一つ。食事ではラム肉に多く含まれます。
脂肪がエネルギー源として利用される際、脂肪酸をミトコンドリアに運ぶ役割を担っています。

CoQ10
 カラダの中で、エネルギーを作り出す際に必要な補酵素。脂肪をエネルギーに変えるときに欠かせません。イワシやサバなどの青魚や、肉類、ナッツ類に含まれていますが、1日当たりの摂取量を食品で摂ることは難しい栄養素です。

◆余分な脂肪の吸収を抑える

 脂質は健康を維持する上でなくてはならない栄養素です。そのため、日々の食事で極端に脂質を制限するのは良くありません。しかし、余計な脂質は抑えたいもの。そのためには、1)カラダにとって良い働きをする脂質を選ぶ、さらに、2)摂った脂質のカラダへの吸収を抑えることがポイントです。

1)カラダにとって良い働きをする脂質を選ぶ
 美しく健康であるために ~脂質を味方に~ でもご紹介したように、良質な脂質を上手に摂り入れていくことが大切です。

2)摂った脂質のカラダへの吸収を抑える
 脂質の吸収を抑える効果のある栄養素はいくつか報告がありますが、その一つにカテキンがあります。

カテキン

 主にお茶にポリフェノールの一種。苦渋味成分のもとであるカテキンは、腸内での脂肪の吸収を抑える働きを持つ栄養成分として知られています。一定量のカテキンを摂取することで脂質の吸収を抑えると報告されています。

◆3つの成分を含む"バーニングSP"

今回の話の中で挙げた、カルニチン、CoQ10、カテキンの3つの成分を含むバーニングSP。運動や活動で脂肪を上手に燃やすためにも、運動や活動前のタイミングに摂ることがオススメです。

バーニング SP

【1袋(9粒3,177mg)あたり】
エネルギー:12.8kcal、たんぱく質:0.96g、脂質:0.16g、炭水化物:1.89g、食塩相当量: 0.0012g、カルニチン:750mg、カテキン:250㎎、コエンザイムQ10:80mg

詳しい情報・ご購入はこちらから


Vol.8を読む
Vol.10を読む
Share
twitter
facebook
印刷用ページへ