DNS ZONE

DNS ZONE

競技パフォーマンスUP

その名は「ホエイHC」。ホエイプロテインとHMBとクレアチン。あと1秒、あと1mへの渇望をリアルにする「パフォーマンス三銃士」。

その名は「ホエイHC」。ホエイプロテインとHMBとクレアチン。あと1秒、あと1mへの渇望をリアルにする「パフォーマンス三銃士」。

DESIRE TO EVOLUTION

競技パフォーマンスUP

その名は「ホエイHC」。ホエイプロテインとHMBとクレアチン。あと1秒、あと1mへの渇望をリアルにする「パフォーマンス三銃士」。

その名は「ホエイHC」。ホエイプロテインとHMBとクレアチン。あと1秒、あと1mへの渇望をリアルにする「パフォーマンス三銃士」。

■ヤツに明確に差をつけろ!

アスリートなら、現代社会で戦うウォリアーなら、目標やライバルがきっといるはずだ。フィールドに、リングに、そしてジムにいる、あなたが絶対に勝ちたい存在(ここでは「ヤツ」と設定する)。ヤツに勝つためにパフォーマンスを進化させ、「あと1m」「あと1秒」「あと1㎏」を伸ばすため、あなたは毎日トレーニングに打ち込んでいる。もちろん、その前後にはプロテインを欠かさない。

しかし残念ながら…
プロテインを飲むだけでは、おそらく差はつかないだろう。なぜなら、あなたが絶対に勝ちたい存在も同じく、プロテインを飲んでいるからだ。今やアスリートやトレーニーにとって、プロテインは常識である。ヤツもおそらく、いや間違いなく、十分な量のプロテインを、正しいタイミングで飲んでいるに違いない。
それなら、新たな策を考えねばなるまい。

まずは、飲んでいるプロテインの質を上げよう。スマートフォンを見てほしい。「DNS」の赤いアイコンがトップ画面に鎮座しているならばOK。もしなければ、今すぐDNSのアプリをダウンロードすることだ(https://shop.dnszone.jp/feature/DNS公式アプリ.html)。そして大至急、DNSプロテインを購入いただきたい。これからの話は、その上でのことだ。

すでにDNSプロテインを飲んでいるあなたが「あと1m」「あと1秒」「あと1㎏」を伸ばし、ヤツに明確に差をつけて勝つのはどうするか。一つの方法が、あなたの身体を作ってきたプロテインに、新たな成分をプラスすることだ。その答えが、5月に発売開始となった「ホエイプロテインHMB&クレアチン」すなわち、ホエイプロテインHCなのである。

■「あと1m」「あと1秒」「あと1㎏」を助ける。

橋本真也、武藤敬司、蝶野正洋(闘魂三銃士)、劉備・関羽・張飛(三国志)、上島竜兵・寺門ジモン・肥後克広(ダチョウ倶楽部)、あ~ちゃん、のっち、かしゆか(Perfume)…。
個性の異なる3人が集い、自己主張しながらも己の役割をまっとうする。そんな例は枚挙にいとまがない。ホエイプロテインHCに含まれる3つの成分=ホエイプロテイン、HMB、クレアチンの関係性についても、同じことがいえる。この、人呼んで「パフォーマンス三銃士」がそれぞれのタスクを遂行することで、あなたの「あと1m」「あと1秒」「あと1㎏」は成し遂げられる。

授けられたタスクは以下の通りだ。
ホエイプロテイン=筋タンパク質の合成をサポート
HMB=筋タンパク質の分解を抑制
クレアチン=爆発的な動きのエネルギー源となる

ホエイプロテインの役割と効果については以前よりお伝えしてきているので、今回は省略したい。残りのHMBとクレアチンについて、あらためて説明しよう。

HMBとは必須アミノ酸(※)の一つ・ロイシンが、筋肉や肝臓で代謝されて生まれる成分だ。
※たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸のうち、体内で十分な量を合成できず、栄養分として摂取せねばならない9種類のアミノ酸
HMBには筋肥大や筋損傷の回復、加齢による筋肉減少の予防、脂肪量の減少など、さまざまな効能がある。その中でわれわれがHMBに今回期待しているのは、筋タンパク質分解の抑制である。
人間の身体には「ユビキチン・プロテアソーム系」という、古く不要なタンパク質を分解・排出する回路がある。HMBにはこの回路をブロックし、筋肉が失われるのを防ぐ作用があるのだ。
筋肉を作るという広い意味において、HMBはプロテインと混同されることも多い。だが、これらはまったくの別物ということを、ぜひ知っていただきたい。

そして、クレアチンの効果についてはこれまで何度もお伝えしてきた。ゆえに細かい説明は省略するが、クレアチンもまたアミノ酸の一種である。人間の体内で合成され、多くはクレアチンリン酸として筋肉にたくわえられている。特に瞬発力、パワー、スピードが求められる競技において、爆発的な動きのエネルギー源となる成分である。特に無酸素に近い高強度の運動において、短時間で最大限のパフォーマンス発揮に役立ってくれる。
当然ながら、HMBもクレアチンも自然の物質。食品から摂取することは不可能ではない。だが実際に食事から摂れるのはごく少量であり、サプリメントから摂取するのが有効だ。

■HMBとクレアチンには、しっかりとしたエビデンスがある。

「サイエンスに基づき、エビデンスが明確に存在する成分、アスリートにとって”本当に効く”成分を、十分な量入れる」
これが、われわれDNSのポリシーだ。
残念ながら巷の数あるプロテインの中には、さまざまな成分を含んでいても、その成分の効果が実は科学的に立証されていなかったり、含有されていても不十分な量であったり、というものも多くある。その点、DNS製品についてはご安心いただきたい。

ホエイHCに含まれるHMBとクレアチンには、間違いのないエビデンスが存在する。いずれの成分もISSN(国際スポーツ栄養学会)のサマリーにおいて「Muscle Building(筋肉を作る)」「Performance Enhancement(パフォーマンスを高める)」の両面において「Strong Evidence to Support Efficacy and Apparently Safe(効能を実証する強力な根拠があり、明確に安全)」とされているため、安心して摂ることができるのが大きな特徴だ。
そしてホエイHCの1食(35g)あたりの成分は、たんぱく質25.2g、HMB1500mg、クレアチン5000mgと、パフォーマンスアップに十分な量が含まれている。プロテインとHMB、クレアチンがそれぞれの機能を打ち消し合うこともなく、アンチ・ドーピングにおいても、世界最大のアンチ・ドーピング認証プログラムであるインフォームド・チョイスの認証を取得済みで、まったく問題はない。

さらに、特筆すべきは価格だ。ホエイHCは1050gで税込み5940円。プロテインとクレアチン、HMBをそれぞれ購入した場合と比べて、かなり割安だ。しかも現在、クレアチンとHMBをともに含むプロテインは、メジャーブランドのラインナップには存在していない(2020年5月現在)。

■お勧めはβ-アラニンとの併用。

ホエイプロテインとHMB、そしてクレアチン。「パフォーマンス三銃士」の関係性を物語に例えるならば、中国の歴史小説「三国志」がふさわしい。
漢の皇帝の末裔として生まれ、国の再興を目指して蜀を建国した主人公「劉備玄徳」と、並外れた武力を持ち義理を重んじる「関羽」、そして行動力にあふれる豪傑「張飛」が義兄弟の契りを交わし、物語は進む。この物語において強力なスパイスとなるのが、劉備を支えた「諸葛亮孔明」である。物語中盤に天才軍師・孔明が登場することで、劉備・関羽・張飛の物語は、さらに大きなうねりを見せていく。
ホエイHCにおける諸葛亮孔明。それが「β-アラニン」だ。β-アラニンはホエイプロテイン、HMB、クレアチンのパフォーマンス三銃士の魅力を引き出しつつ、三つにはない部分を巧みに補う存在といえる。
β-アラニンの主な効果は「乳酸の酸の中和による疲労の軽減」だ。ホエイプロテインが筋タンパク質の合成をサポートし、大きく強い筋肉を作る。HMBはその筋肉の分解を抑え、クレアチンは爆発的な動きをサポートする。その上でβ-アラニンを摂って疲労を軽減できれば、まさに鬼に金棒ではないか!
ちなみにβ-アラニンを摂取すると、身体の表面がピリピリした感じになることがあるが、身体に悪影響のあるものではないので心配は無用だ。
特徴からすると、ホエイプロテインHCとβ-アラニンの相性はどう考えても抜群だ。ぜひ、ホエイHCとβ-アラニンを併用し、さらなるパフォーマンスアップを成し遂げていただきたい。

 

*  *  *  *

 

今回は、5月にリリースした「ホエイプロテインHMB&クレアチン」すなわちホエイプロテインHCの類まれなる魅力についてお伝えしてきた。あなたが「あと1m」「あと1秒」「あと1㎏」をモノにして、ライバルに明確に差をつけて勝利をつかむことを、DNSは心から願っている。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ

■ヤツに明確に差をつけろ!

アスリートなら、現代社会で戦うウォリアーなら、目標やライバルがきっといるはずだ。フィールドに、リングに、そしてジムにいる、あなたが絶対に勝ちたい存在(ここでは「ヤツ」と設定する)。ヤツに勝つためにパフォーマンスを進化させ、「あと1m」「あと1秒」「あと1㎏」を伸ばすため、あなたは毎日トレーニングに打ち込んでいる。もちろん、その前後にはプロテインを欠かさない。

しかし残念ながら…
プロテインを飲むだけでは、おそらく差はつかないだろう。なぜなら、あなたが絶対に勝ちたい存在も同じく、プロテインを飲んでいるからだ。今やアスリートやトレーニーにとって、プロテインは常識である。ヤツもおそらく、いや間違いなく、十分な量のプロテインを、正しいタイミングで飲んでいるに違いない。
それなら、新たな策を考えねばなるまい。

まずは、飲んでいるプロテインの質を上げよう。スマートフォンを見てほしい。「DNS」の赤いアイコンがトップ画面に鎮座しているならばOK。もしなければ、今すぐDNSのアプリをダウンロードすることだ(https://shop.dnszone.jp/feature/DNS公式アプリ.html)。そして大至急、DNSプロテインを購入いただきたい。これからの話は、その上でのことだ。

すでにDNSプロテインを飲んでいるあなたが「あと1m」「あと1秒」「あと1㎏」を伸ばし、ヤツに明確に差をつけて勝つのはどうするか。一つの方法が、あなたの身体を作ってきたプロテインに、新たな成分をプラスすることだ。その答えが、5月に発売開始となった「ホエイプロテインHMB&クレアチン」すなわち、ホエイプロテインHCなのである。

■「あと1m」「あと1秒」「あと1㎏」を助ける。

橋本真也、武藤敬司、蝶野正洋(闘魂三銃士)、劉備・関羽・張飛(三国志)、上島竜兵・寺門ジモン・肥後克広(ダチョウ倶楽部)、あ~ちゃん、のっち、かしゆか(Perfume)…。
個性の異なる3人が集い、自己主張しながらも己の役割をまっとうする。そんな例は枚挙にいとまがない。ホエイプロテインHCに含まれる3つの成分=ホエイプロテイン、HMB、クレアチンの関係性についても、同じことがいえる。この、人呼んで「パフォーマンス三銃士」がそれぞれのタスクを遂行することで、あなたの「あと1m」「あと1秒」「あと1㎏」は成し遂げられる。

授けられたタスクは以下の通りだ。
ホエイプロテイン=筋タンパク質の合成をサポート
HMB=筋タンパク質の分解を抑制
クレアチン=爆発的な動きのエネルギー源となる

ホエイプロテインの役割と効果については以前よりお伝えしてきているので、今回は省略したい。残りのHMBとクレアチンについて、あらためて説明しよう。

HMBとは必須アミノ酸(※)の一つ・ロイシンが、筋肉や肝臓で代謝されて生まれる成分だ。
※たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸のうち、体内で十分な量を合成できず、栄養分として摂取せねばならない9種類のアミノ酸
HMBには筋肥大や筋損傷の回復、加齢による筋肉減少の予防、脂肪量の減少など、さまざまな効能がある。その中でわれわれがHMBに今回期待しているのは、筋タンパク質分解の抑制である。
人間の身体には「ユビキチン・プロテアソーム系」という、古く不要なタンパク質を分解・排出する回路がある。HMBにはこの回路をブロックし、筋肉が失われるのを防ぐ作用があるのだ。
筋肉を作るという広い意味において、HMBはプロテインと混同されることも多い。だが、これらはまったくの別物ということを、ぜひ知っていただきたい。

そして、クレアチンの効果についてはこれまで何度もお伝えしてきた。ゆえに細かい説明は省略するが、クレアチンもまたアミノ酸の一種である。人間の体内で合成され、多くはクレアチンリン酸として筋肉にたくわえられている。特に瞬発力、パワー、スピードが求められる競技において、爆発的な動きのエネルギー源となる成分である。特に無酸素に近い高強度の運動において、短時間で最大限のパフォーマンス発揮に役立ってくれる。
当然ながら、HMBもクレアチンも自然の物質。食品から摂取することは不可能ではない。だが実際に食事から摂れるのはごく少量であり、サプリメントから摂取するのが有効だ。

■HMBとクレアチンには、しっかりとしたエビデンスがある。

「サイエンスに基づき、エビデンスが明確に存在する成分、アスリートにとって”本当に効く”成分を、十分な量入れる」
これが、われわれDNSのポリシーだ。
残念ながら巷の数あるプロテインの中には、さまざまな成分を含んでいても、その成分の効果が実は科学的に立証されていなかったり、含有されていても不十分な量であったり、というものも多くある。その点、DNS製品についてはご安心いただきたい。

ホエイHCに含まれるHMBとクレアチンには、間違いのないエビデンスが存在する。いずれの成分もISSN(国際スポーツ栄養学会)のサマリーにおいて「Muscle Building(筋肉を作る)」「Performance Enhancement(パフォーマンスを高める)」の両面において「Strong Evidence to Support Efficacy and Apparently Safe(効能を実証する強力な根拠があり、明確に安全)」とされているため、安心して摂ることができるのが大きな特徴だ。
そしてホエイHCの1食(35g)あたりの成分は、たんぱく質25.2g、HMB1500mg、クレアチン5000mgと、パフォーマンスアップに十分な量が含まれている。プロテインとHMB、クレアチンがそれぞれの機能を打ち消し合うこともなく、アンチ・ドーピングにおいても、世界最大のアンチ・ドーピング認証プログラムであるインフォームド・チョイスの認証を取得済みで、まったく問題はない。

さらに、特筆すべきは価格だ。ホエイHCは1050gで税込み5940円。プロテインとクレアチン、HMBをそれぞれ購入した場合と比べて、かなり割安だ。しかも現在、クレアチンとHMBをともに含むプロテインは、メジャーブランドのラインナップには存在していない(2020年5月現在)。

■お勧めはβ-アラニンとの併用。

ホエイプロテインとHMB、そしてクレアチン。「パフォーマンス三銃士」の関係性を物語に例えるならば、中国の歴史小説「三国志」がふさわしい。
漢の皇帝の末裔として生まれ、国の再興を目指して蜀を建国した主人公「劉備玄徳」と、並外れた武力を持ち義理を重んじる「関羽」、そして行動力にあふれる豪傑「張飛」が義兄弟の契りを交わし、物語は進む。この物語において強力なスパイスとなるのが、劉備を支えた「諸葛亮孔明」である。物語中盤に天才軍師・孔明が登場することで、劉備・関羽・張飛の物語は、さらに大きなうねりを見せていく。
ホエイHCにおける諸葛亮孔明。それが「β-アラニン」だ。β-アラニンはホエイプロテイン、HMB、クレアチンのパフォーマンス三銃士の魅力を引き出しつつ、三つにはない部分を巧みに補う存在といえる。
β-アラニンの主な効果は「乳酸の酸の中和による疲労の軽減」だ。ホエイプロテインが筋タンパク質の合成をサポートし、大きく強い筋肉を作る。HMBはその筋肉の分解を抑え、クレアチンは爆発的な動きをサポートする。その上でβ-アラニンを摂って疲労を軽減できれば、まさに鬼に金棒ではないか!
ちなみにβ-アラニンを摂取すると、身体の表面がピリピリした感じになることがあるが、身体に悪影響のあるものではないので心配は無用だ。
特徴からすると、ホエイプロテインHCとβ-アラニンの相性はどう考えても抜群だ。ぜひ、ホエイHCとβ-アラニンを併用し、さらなるパフォーマンスアップを成し遂げていただきたい。

 

*  *  *  *

 

今回は、5月にリリースした「ホエイプロテインHMB&クレアチン」すなわちホエイプロテインHCの類まれなる魅力についてお伝えしてきた。あなたが「あと1m」「あと1秒」「あと1㎏」をモノにして、ライバルに明確に差をつけて勝利をつかむことを、DNSは心から願っている。